Cathode ray tube

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to: navigation, search
English: The cathode ray tube or CRT, invented by Karl Ferdinand Braun, is the display device used in most computer displays, video monitors, televisions and oscilloscopes.
日本語: ブラウン管(ぶらうんかん)はドイツのカール・フェルディナント・ブラウンが発明した表示器で、多くのコンピュータディスプレイ、ビデオモニター、テレビ受像器やオシロスコープなどで用いられる。工学的には英語直訳の陰極線管も用いられる。