Commons:カテゴリ

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to: navigation, search
This project page in other languages:
Alemannisch |català |čeština |Deutsch |English |español |français |magyar |italiano |日本語 |Nederlands |polski |português |română |русский |svenska |Zazaki |+/−
Shortcuts
COM:C
COM:Cat

A category is a software feature of MediaWiki, a special page which is intended to group related pages and media. In practice, it implies that you'll associate a single subject with a given category. The category name would be enough to guess the subject, but some extra text can be useful to precisely define it.

ウィキメディア・コモンズでカテゴリを有効活用する[edit]

カテゴリ構造は、コモンズでファイルを整理するために、そしてファイル検索するために用いられる方法として、もっとも主要なものです。肝心なことは、カテゴリを順に追っていくことで、あらゆるファイルが見いだされなければならないということです。そのためには、どのファイルも適切なカテゴリに直接的に属していなければならず、なおかつ/あるいは、カテゴリに格納されているギャラリーページに追加されていなければなりません。

カテゴリの階層構造を形成するために、各カテゴリはより一般的な概念を持つカテゴリに格納されるべきです。

「カテゴリ、なおかつ/あるいは、ギャラリー」というのは?[edit]

冒頭で「なおかつ/あるいは」としたことに留意してください。「ファイルのカテゴライズ(カテゴリ分類)は、ギャラリーにさえ含まれていれば十分である」という意見や、「個々のファイルもまたカテゴライズ(カテゴリ分類)されるべきである」という意見など見解が分かれるところですが、この議題についての投票の結果、「両システムともに等しく有効であり、併用されるべきものである」という見解の一致に到達しました。カテゴライズされたギャラリーに掲載されているからといって、ファイルからカテゴリを除去しないでください。将来的には、ソフトウェアのアップデートによって、ギャラリーとカテゴリが統合され、一つの機能となることが期待されています。自動化用ツールは、カテゴリやギャラリーの深くにあるファイルを掘り起こしてくれるでしょう。

ウィキメディア・コモンズのカテゴリ構造[edit]

赤い矢印のようなリンクを作らないこと!

カテゴリ構造は(理念的に)Category:CommonsRootカテゴリを起源として、多重階層構造をとります。あらゆるカテゴリ(CommonsRoot を除く)は少なくとも一つのカテゴリに属するべきであり、同時に、循環するような構造は好ましくありません(要するに、カテゴリが、直接的であれ間接的であれ、自分自身を格納するのは混乱を招く恐れがあります)。

カテゴリ構造は、「もっとも一般的な概念から、特定的な概念へと掘り下っていく」という概念の階層性を反映したものであるべきです。

さらに詳しくは、メタウィキの「カテゴリ構造」を参照ください。

主要なカテゴリ[edit]

最上位のカテゴリ(CommonsRootに直接格納されているカテゴリ)は、カテゴリ階層構造を目的ごとに築き上げるための起点(ルート)になるカテゴリです:

  • Category:Commons - このカテゴリは、コモンズ共通のメンテナンスや、メディア・ファイル以外の、ページ(Commons-, Help-)を分類するための世界共通カテゴリです。各言語で翻訳されたページ(Commons-, Help-)は、必ず該当する言語のカテゴリ("Category:Commons-ISO-LANGUAGE-CODE")以下に分類してください。英語を代表するCategory:Commons-enカテゴリ構成は、各言語トップのカテゴリとしてサンプル用に参照し、同じような構成で作成してください。国際化の一貫性を保つためにも、各言語のカテゴリ(日本語はCommons-ja)構成は、なるべくCategory:Commons-enを同じような構成を保つことが望まれます。
このカテゴリ下には、世界共通コモンズのメンテナンス用に、Category:Commons maintenance contentサブカテゴリを用意してあります。例えば、全てのメディア・ファイルは必ずこの4つのカテゴリに分類されていますが、そのメディアに問題があり、修復する必要がある場合に、そのサブカテゴリ、Category:Commons maintenance contentカテゴリにも分類されます。
  • Category:Image sources - このカテゴリは、メディア・ファイルを出典別に分類するための世界共通カテゴリです。このカテゴリ以下には、それぞれ出典元(情報源となる本やサイトなど)の情報に応じて適切なサブカテゴリに分類してあります。
  • Category:Copyright statuses - このカテゴリは、メディア・ファイルをライセンス情報別に分類するための世界共通カテゴリです。このカテゴリ以下には、それぞれ適用しているライセンス別のサブカテゴリに分類してあります。全てのメディア・ファイルにはライセンス・タグ(ライセンス情報を示すタグ)の添付が義務づけられているため、全てのファイルは、このカテゴリ以下に必ず属しているはずです。
  • Category:Media types - このカテゴリは、メディア・ファイルをファイル形式別に分類するための世界共通カテゴリです。このカテゴリ以下には、それぞれファイル形式の種類(例:サウンド形式 (mp3)、ビデオ形式 (avi)、画像形式 (jpg))に応じて、適切なサブカテゴリに分類してあります。ただし、コモンズにある画像は、同じ画像であっても何種類もの異なるファイル形式で用意してあるケースが非常に多いため、画像ファイルに関しては、この分類方法は、必ずしも正確でなく省略されていることも多いようです。
  • Category:Topics - このカテゴリは、メディア・ファイルをテーマ・トピック別に分類するための世界共通カテゴリです。このカテゴリ以下には、それぞれテーマ・トピック別に適切なサブカテゴリに分類してあります。探しているイメージに合う画像を探し出せるように、全てのファイルは、このカテゴリ以下に必ず属するように分類してください。
  • Category:User - このカテゴリには、コモンズのユーザーが言語別に収集されています。This also contains the Category:User galleries, which is for user specific (i.e. non-topic) galleries.

カテゴリの使い方[edit]

あなたがファイルをアップロードしたときは、多くのユーザーに活用してもらうために、必ず、そのファイルを適切なカテゴリやギャラリーに入れるようにしてください。適切なカテゴリやギャラリーに含めることで、他のユーザーが検索でヒットして、活用できるようになります。カテゴリやギャラリーに属さない孤立したファイルは、誰からも検索されることなく、全く活用されないままになる可能性が高いからです。

無暗に新しいカテゴリを作成することは避けてください(ただし、人物は例外とする)。そのためには、既存のカテゴリー構造に慣れ親しんで十分に全体構造を把握している必要があり、ウィキメディア・コモンズの慣習や方針も十分に理解している必要があります。コモンズ全体のカテゴリ構造はCategory schemeコモンズ・プロジェクトカテゴリをご確認いただき、明記されているルールをご理解ください。MediaWiki のカテゴリ機能についてはカテゴリに関するマニュアルで詳説されています。

カテゴリへ分類する[edit]

ページ(画像の解説ページ、ギャラリーページ、カテゴリページ)を、あるカテゴリに分類するには、そのページの末尾に次のように文字を入力してください。そのページは指定したカテゴリに自動的に分類され、カテゴリ内に表示されるようになります。

[[Category:カテゴリ名]]

例えば、「彗星の軌道を表す図形」ファイルをアップロードする場合、「彗星(Comets)」カテゴリと「図形(Diagrams)」カテゴリに含めることが適切であると思われます。その場合、その画像ページに次のコードを埋め込みます:

[[Category:Comets]]
[[Category:Diagrams]]

このようにカテゴリ・リンクを設定すると、自動的にその図形(彗星の軌道を表す図形)が各カテゴリに表示されるようになります。

カテゴリ分類する際の注意点の詳しくは、下記の「適切なカテゴリ分類をするために」の節をご覧ください。

カテゴリ名に関して[edit]

Further information: Commons:カテゴリ名の付け方

カテゴリに使用する名前は、常に英語で記述すべきです(「生物」のカテゴリ名には、学名(ラテン語)を使用するのが良いでしょう)。

物体や人々をあらわすカテゴリ名は Category:ToolsCategory:ArtistsCategory:Lakes などのように複数形にするのが一般的です。逆の例としては Category:HistoryCategory:WeatherCategory:Music があります。

カテゴリ名の変更[edit]

既存のカテゴリ名を変更するにはページやファイルの場合と異なり、移動のタブがありません。これはソフトウェア上の問題 (8685, 3311) であると扱われています。

現在のところカテゴリ名を変更するには新しいカテゴリを作成し、そのカテゴリに関連するページやファイルを分類し直すという再構築が必要です。

その再構築はボットの支援を受けることができます。もし、適当なカテゴリ名について確信がないのであれば、実行に移す前にトークで他の利用者に意見を求めてみてください。なぜなら、多大な労力をはらって変更したカテゴリが適切かどうかは利用者によって異なる見解も出るからです。

新しいカテゴリを作成する[edit]

新しくカテゴリ名を作成するには、以下のような方法があります。

  1. まず上述した方法でページやファイルに新しいカテゴリ名(英語)を追加してください。
  2. そのカテゴリ名が存在しない場合、赤リンクが表示されますので、その赤リンクをクリックして、他のウィキページと同じようにカテゴリページを編集してください。
  3. カテゴリページには以下のような情報が記入してください(重要性順):
    • 1階層、あるいはそれ以上上の階層にあるカテゴリへのリンク。
    • そのカテゴリに含まれるべきものを簡単に説明した文章。世界共通で使用するため、文章は英語で書くことが望ましい。
    • そのトピックを扱っている各言語版ウィキペディアのカテゴリやページへのインターウィキ・リンク。(例:日本語のウィキペディア [[ja:...]], 英語版のウィキペディア [[en:...]]

カテゴリページの説明した文章は、他言語で記述することも構いませんが、記述には、ギャラリー・テンプレートを使用して、次のように記述してください:

{{en|Explain in English}}, {{ja|日本語で解説する}}

適切なカテゴリ分類をするために[edit]

一般的に、ファイルは、とあるトピックの中にあるカテゴリのうち、もっとも特定的なカテゴリにのみに入れられるべきです。たとえば、Category:パリにあるファイルは、Category:フランスにはあるべきではありません(#過剰な分類とは?で後述)。

もし目的に一致するカテゴリが見つからなければ、新規に作ることもできますが、その前に先述した#カテゴリの使い方を熟読してください。

これは、ファイルを属することができるカテゴリは1つだけに限られる、という意味ではありません。つまり、無駄なカテゴリや、特定的でないカテゴリに入るべきではないということです。

たとえば、アイスバーグからヘリコプターで引き上げられるホッキョクグマの画像があるとします。この画像は、Category:ホッキョクグマCategory:アイスバーグCategory:ヘリコプター、およびCategory:捜索と救命に入れられるべきものです。しかしながら、Category:クマCategory:航空機器に入れられるべきではありません。

カテゴリ分類のコツ[edit]

ファイルが属するべき適切なカテゴリ(あるいはギャラリー)を選ぶには、下の質問の解答を少なくとも一つは含むようにします:

カテゴリを探る[edit]

あなたがアップロードしたファイルに適したカテゴリを見つけるには、大分類(大きなカテゴリ)から小分類(小さなカテゴリ)へと下りながら探っていくのがよいでしょう。もっとも適していると思えるカテゴリが出てくるまで、サブカテゴリを掘り下げていくのです。

各カテゴリの中に、サブカテゴリがあり、そのサブカテゴリ名の左側に表示される小さな[+]記号をクリックすると、その中にあるサブカテゴリを表示することができます。

まず大分類の出発点として、「ウィキメディア・コモンズのカテゴリ構造 - 主要なカテゴリ」節から見ていくと、カテゴリ探しに役に立ちそうです。

また、キーワードからカテゴリを検索するツール「CommonSense」を利用してみるのも手です。

過剰な分類とは?[edit]

同一アイテムをあるカテゴリとその親カテゴリの両方にいれないでください。たとえば、エッフェル塔の白黒写真はエッフェル塔の白黒写真カテゴリに入れてください。エッフェル塔の白黒写真カテゴリと同時に親カテゴリであるパリのカテゴリに入れることはしないでください。
Shortcut
COM:OVERCAT/JA

過剰なカテゴライズは、ファイルが同一のカテゴリツリーの中に複数回配置されたときに発生します。分類の原則は、ファイルは常にもっとも特定的なカテゴリへ、そして、そのカテゴリより上位にあるカテゴリには入れないことです。

一例をあげます。「黄色の球体」といえば、「色が黄色で、形状が球体であるもの」を想起させます。それを踏まえて、Category:黄色の球体Category:球体を例に考えてみましょう。 今から分類しようとしているファイルは、「黄色のビー玉が写っている画像ファイル」です。まずこのファイルを Category:黄色の球体に分類します。そして次に Category:球体に分類すると…、過剰な分類が発生したことになります。なぜなら、「黄色のビー玉」が「球体」であることは既に分かりきったことだからです。これは多くの画像ファイルに適用できます。

前述のCategory:パリにあるファイルはCategory:フランスにあるべきではありませんし、Category:アルバート・アインシュタインにあるファイルはCategory:ドイツの物理学者にあるべきではありません。

Visually, it is the same problem as the red arrow shown in the chapter above.

過剰な分類がなぜ問題になるのか?[edit]

広く通用している意見として、「ファイルを一つでも多くのカテゴリに分類しておけば、それだけファイルを見つけやすくなる」というものがありますが、果たして本当にそうでしょうか?

この理屈でいけば、男性が写っている画像はすべて「Category:男性」に分類されるべきです。

そうなると、性別さえ分かれば、Category:男性さえ調べれば、誰の写真でも探し出せるような気がします。 ところが、これを実践した場合にどうなるでしょうか?そのカテゴリは大混雑し、本当に欲しいファイルを見つけ出すために数千のファイルを捜索していくハメになります。挙句の果て、ファイル数が多すぎて、恐らく目的を達することができず、あまたの映画俳優や科学者や政治家の大行列の前に、きっと挫折してしまうことでしょう。

下層のカテゴリーへ分類されていると、下層になればなるほど、格納されているファイル数が少なくなりますので、「ありすぎて探せない」という問題は生じにくくなります。それでもなお、たやすく数百の域に達しうるものではありますが。

しかし、まだ問題があります。アインシュタインに話を戻しましょう。私はアインシュタインが物理学者であることを知っていますので、まず「物理学者」カテゴリを調べます。そのカテゴリには数百のファイルがあり、いくつかアインシュタインの画像もありましたが、私が期待していたようなアインシュタインの画像は見当たらなかったため、検索を中止しました。

実際には、アインシュタインに相応しいCategory:ドイツの物理学者というカテゴリーが存在しており、その相応しいカテゴリーを検索していれば、もっと数多くのアインシュタインに関する画像を探せたのです。

しかし、最初に見た「物理学者」カテゴリでいくつかの画像を目にしてしまったため、他にカテゴリが存在していることも知らず、Category:アルバート・アインシュタインカテゴリにも気付かず、目的を達成することができませんでした。

つまり、過剰なカテゴリー分類は2つの問題をもたらします。上位のカテゴリは散らかり放題になり、上位に浮いていた画像を見つけた利用者は、より関連性の強い下位のカテゴリに気がつかないことになってしまいます。

不適切な分類が、過剰な分類を招く[edit]

奇妙に聞こえるかもしれませんが、不十分な分類(カテゴライズ)もまた実際に過剰な分類(カテゴライズ)の原因となります。このような事態は、適切なカテゴリが十分に準備されておらず、不適切なカテゴリにファイルを含めてしまうことで、過剰な分類が発生することになります。

一例を挙げます。Category:Eivør Pálsdóttirは、以前、Category:人物(アルファベット順)にのみに分類されていました。もし私が彼女の写真を分類しようとして、「彼女がどういった人物であるか」を知っていたとしたら、その写真を「Category:フェロー諸島出身の人物」と「Category:歌手」にも分類したいと思うでしょう。

しかし、これは過剰な分類であり、Category:フェロー諸島出身の人物Category:歌手を散らかしてしまうことになります。

同様の問題が、誤った分類法からも生じます。Category:ノッティングヒルは、Category:ロンドンにある山ではありますが、それだけではありません。ノッティングヒルの風景写真を、ノッティングヒルがあるCategory:ケンジントン・アンド・チェルシーに分類したくなるのは当然ありえることです。しかしながら、そうではなく、それぞれのファイルは、最も特定的なカテゴリに配置され、他方、カテゴリもまたもっとも特定的なカテゴリに配置されるべきものです。

このような不適切な分類(カテゴライズ)を見かけたら、できるかぎり、適切なカテゴリに属するように訂正してください。過剰なカテゴライズを回避するのに役立つだけでなく、カテゴリ・ツリーに沿った移動を、もっと容易くすることができるでしょう。

適切なカテゴリ分類のヒント:トピック別の具体例[edit]

For some categories, there is special guidance on how best to sort content within that category. Some of that guidance is in this section. There is also sometimes guidance at the top of the カテゴリ's page, in the category namespace. So, for instance, some guidance on categorizing content depicting people is at the top of Category:People, and some is in the section People below.

人物[edit]

Content depicting people can be put in categories and/or galleries which describe them, such as Category:Economists from the United States. Start exploring at Category:People.

Some notable people may have so much content depicting them, or names that are so well known, that it may be worth creating a category or gallery using their name, such as Category:Albert Einstein. (This is one case where you may find yourself creating categories frequently, i.e. each time you upload the first picture of a notable person.) Use the common English-language spelling and word order for the category or gallery name; it's a pity to force this on all the world's names, but as noted elsewhere, we use English-language categories on Commons to work around a software limitation.

Once there is a category or gallery named after a person, then all categories that describe the person apply to all images of the person. Such categories should therefore be applied to the category or gallery of that person, and not to individual image pages showing that person. The individual image page should have a link to the category or gallery page for each person depicted, and maybe categories that distinguish this image of that person from other such images.

All categories and galleries named after a person should be included in the Category People by alphabet and sorted by their family name: [[Category:People by alphabet|Family name, first name]]. However, do not tag image articles with this category ! There are so many image articles of notable people that including them directly would overwhelm the category. Limiting Category:People by alphabet to category and gallery pages greatly reduces the number of entries.

関連項目[edit]