Commons:削除のガイドライン

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to: navigation, search
他の言語版:

Alemannisch | asturianu | brezhoneg | català | čeština | dansk | Deutsch | English | Esperanto | español | français | magyar | italiano | 日本語 | 한국어 | polski | português | português do Brasil | русский | suomi | Türkçe | 中文(简体)‎ | 中文(繁體)‎ | +/−

Notice この文書は、ウィキメディア・コモンズの公式な方針文書 Commons:Deletion policy の日本語訳ですが、古い部分や未訳の部分を含みます。方針文書とこの日本語訳とが異なる部分は、方針文書が優先します。
削除メニュー (通常の削除)
Fairytale Trash Questionmark-05.svg


  • 削除のガイドライン

ウィキメディア・コモンズでの削除の方針を用意しました。

  • 「ファイル」とは?:単純化するために、画像、サウンド(音声や音楽)、ビデオ、その他一般にウィキメディア・コモンズへアップロードされたファイルのことを総称して「ファイル」と呼びます。
  • 「ページ」とは?:ファイルが集まっているカテゴリー、テンプレート、トークページ、解説などのページを総称して「ページ」と呼びます。このページでは著作権に関しては明記していません。ウィキメディア・コモンズのライセンスに関する方針は、ライセンシングをご覧下さい。


削除の概要[edit]

「削除」には、大きく分けて3つの削除方法がありますが、それぞれ削除の理由次第で、適応される方法が異なります。:

  1. 即時削除 多かれ少なかれ一部のケースですが、もし自分のアップロード・エラー、明らかに著作権違反、非フリー画像など、ファイルが「即時削除の候補である」ことが絶対的に確実な場合や、ページやファイルの削除が「即時削除」の条件に合致している場合、即座にファイルが削除される可能性があります。(タグ付きの)影響される全てのファイルは、Category:Candidates for speedy deletionカテゴリで確認することができます。
  2. 削除タグを付ける: 様々な状況で、特別なテンプレートが適用され、もし問題点が解決されない場合、一定期間(通常7日間)が経過した後に削除されます。
  3. 通常の削除: もし議論する必要性がある場合(多くの場合、特にコモンズ初心者やライセンス問題の懸念がある場合は、まず相談することを推奨します)、 そのファイルやページが通常の削除の対象としてリストに入れられるべきです。 どんな場合でも「疑い」レベルでは、即時削除の利用を考えずに、この通常の削除リクエストを利用してください。その該当するファイルやページに{{delete}}タグを貼り付けてください。そしてタグの下に、必ず理由を記述して、Commons:Deletion requestsに画像を追加してください。最後に必ずアップロードした投稿者に知らせることを忘れないでください。

全てのケースにおいて、削除前に画像がどこで利用されているか確認するために、GlobalUsageを利用することを検討してください。


削除の理由[edit]

法的な問題[edit]

ライセンス情報の不足[edit]

もしライセンス情報不足に関する問題があった場合、そのファイルは情報不足タグが付けられ、投稿者に通知されます。 7日間の執行猶予の期間中に、問題点を改善しなければなりません。もし改善されない場合、さらなる議論はせずに、そのファイルは管理者によって削除されます。この「情報の不足」タグ付きの全てのファイルは、Category:Missing legal informationカテゴリで確認することができます。

ファイルは次のメッセージの1つで、出典情報あるいはライセンス情報が不足しているのタグ付けされるはずです。


  • {{subst:nsd}} (no/missing source, tagged by date)  :出典情報不足、日付でタグ付け
  • {{subst:nld}} (no/incomplete licensing information, tagged by date)  :ライセンス情報不足または不完全、、日付でタグ付け
  • {{subst:npd}} (no/missing permission, tagged by date)  :許可情報不足、日付でタグ付け
  • {{subst:dw-nsd}} (derivative work, no/missing original source, tagged by date)  :二次的創作物、原著作の出典情報不足、日付でタグ付け


ファイルにタグを付けたらファイルの投稿者にタグを付けたことを知らせてください。(利用したテンプレートを参照してください) 削除が実行されるまでに情報修正のために7日間の猶予があります。

もしこの期間内に十分なライセンスと出典情報が提出されたら、タグは取り除かれます。もし修正がなされなければ、ファイルは即時削除の対象となります。しかしながら、そうなったファイルを削除や即時削除にリストしないでください。なぜならそれらのファイルは日付でタグ付けされており、管理者はCategory:Missing legal informationのサブカテゴリを巡回してどのファイルが削除の対象かが自動的にわかるからです。

著作権の侵害[edit]

即時削除タグ {{copyvio}} は、明らかに「著作権の侵害」で即時削除の対象となる場合に利用してください。 {{copyvio|1=理由}} あるいは {{copyvio|source=URL}} を使って、著作権を侵害している理由を説明してください。もしメディア・ファイルあるいは記事ページに「著作権を侵害の疑いがある」が、曖昧な微妙なケースの場合、「通常の削除」をご利用ください。

フリーでないライセンスとフェアユース[edit]

Commons:ライセンシングとして、ウィキメディア・コモンズはフリーなコンテンツ、すなわち誰にでも、いつでも、どんな目的にでも利用可能な画像やその他のメディアファイルのみを受け入れます コモンズはまた、いくつかのフリーでないウィキメディア財団プロジェクトと違い、フリーでないコンテンツのフェアユースを提供しません。

  • フリーでないライセンスで投稿されたファイルは{{speedydelete}} タグを付けて即時削除されるかもしれません。(その理由をつけることを忘れないでください{{speedydelete|Reason}})
  • {{fair use}} の即時削除タグはフェアユースだとタグ付けされているファイルに付けるためのものです。

その他のライセンスや著作権侵害の問題[edit]

ファイルやページが以下のケースの場合、削除依頼で削除対象として列挙させることができます:

  • ファイルやページに明確な著作権情報がなく、著作権情報の不足で説明されている通りの手法に従っていない場合。
  • ファイルやページが明確な著作権の侵害ではないが、ライセンス違反ガイドラインに該当する場合。

プライバシー[edit]

{{speedydelete}}タグは、他に特定の理由による即時削除タグがない場合に即時削除への提案に利用します。忘れずに理由を明記してください: {{speedydelete|理由}} 以下のケースを含む:

範囲外[edit]

  • 「範囲外」のファイル/ページは通常は通常の削除に削除依頼を提出してください。
  • しかし 「明白に」 コモンズの範囲でない場合は、 {{speedydelete}} を使うことも可能です。忘れずに理由を明記してください: {{speedydelete|理由}} もし何か疑いがある曖昧な微妙なケースの場合、通常の削除をご利用ください。

教育的に利用できない[edit]

  • ファイルが教育的な目的として現実的に有用でない。そのような例として:
    •  個人の画像のコレクション、つまり個人的なパーティの写真、あなた自身やあなたの友人の写真、休日のスナップ写真のコレクション、などなど。そのような目的に使えるインターネットサイトは、Flickrなど他にたくさんあります。たとえそれらの個人的な画像のコレクションがコモンズの利用者ページの画像ギャラリーに並べられても教育的にはなりません。
    •  明白な教育的利用のない自身で作成した美術作品
    •  すでにコモンズが保有している同じ主題を扱っている画像コレクションに対して教育的に新たな違いを加えるものがないファイル、とりわけ貧弱であるか平凡な品質のファイル。

自己宣伝や、荒らし/攻撃の行為[edit]

  •  宣伝や自分の売り込み
  •  明らかに荒らしや攻撃のために作成され投稿されたファイル。国粋主義、宗教、人種差別の主張と関連しているかこれまで関連していてすでに存在しているデザインやシンボルは、不快であるという理由だけでは範囲外とはなりません。それら画像を掲示することが合法であり、またあるいはコモンズの範囲内(例えば、ヘイトグループについてのウィキペディア記事の中でそれを示すために使われるかもしれません)であれば画像は維持されます。

メンテナンス[edit]

一般:即時削除[edit]

{{speedydelete}} タグが特定の即時削除でない場合の即時削除への推薦に使えます。忘れずに理由を明記してください: {{speedydelete|理由}} 以下のケースを含む:

ファイル:
  • 破損している、ウィルスに感染している、うっかりの白紙、など。 (もし何か疑いがある曖昧な微妙なケースの場合、通常の削除をご利用ください)
  • 以前にコモンズ・ガイドラインによって削除されたものを復元した場合
  • 侵害、個人攻撃、スパムや荒らしなどの目的でアップロードされたもの
ページ:
  • 内容も履歴もない白紙のページ
  • 内容が全く無意味だったり、テストや、荒らし行為の場合
  • 利用者ページやそのサブページで、本人による即時削除の依頼である場合
  • 存在しないユーザーの利用者ページやそのサブページ
  • 他のページにリダイレクトされるべきの不正なリダイレクト
  • リダイレクト先が存在しないのにリダイレクトされているページ
  • 内容が全くないか、親カテゴリしか持たないカテゴリー
  • 削除された内容のトーク・ページ (何も保存価値のあるものが含まれていない場合)

一般: 削除候補[edit]

次の場合は、ファイル/ページは通常削除依頼するべきです。

  •  ファイル/ページの内容をきちんと説明できていない。(削除依頼よりもまずは{{description missing}}タグをつけることを考えてください) 

ファイル名の名づけ方の問題[edit]

ファイル名を変えるために同じファイルを再び投稿しないでください。ファイルを改名するために {{rename|new_name|reason}} を使ってください。

重複している問題[edit]

もしファイルが同じファイルタイプでかつあなたが内容(色、品質など)が厳密に同一であると確信しているなら、 {{duplicate|File:example.jpg}}タグを付けてこの重複したファイルを置き換える元のファイル名をパラメータ (File:example.jpg) として記入してください。

  •  ベクターグラフィックで代替されたビットマップ (PNG, JPEG or GIF) ファイルは十分に同一な重複とは考えらていません。そのようなファイルは通常削除に依頼されて、ケースバイケースで判断されるべきです。
  •  もし作成者によって画像の重複・複製が投稿されたなら、そのバージョンを維持して他のファイルにリダイレクトの処理をしてください。#REDIRECT [[name of the target page]]
  •  もし異なったそれぞれのページに異なった解説やライセンスがあるならば、すべての関連する情報がひとつのファイルに併合されて確実に維持されるようにしてください。
  •  重複を削除した後は、誤解を招く場合や投稿されてあまり間もない場合を除いて、削除されたファイル名をリダイレクトしてください。(これは画像を再利用している外部リンクが壊れるのを防ぎます)

注意: もし作品が他のものとすごく似ているか(または同一)で、しかし厳密に重複でない場合、それは「冗長な」ファイルで、異なった手続きを必要とします。下を参照。

冗長なもの/品質の悪いもの[edit]

冗長なものまたは品質の悪いものは通常削除依頼に提出されケースバイケースで判断されて削除されます。削除依頼でなぜ削除したいファイルはその他のバージョンより劣るのか理由を提示する必要があります。 (注意: Commons talk:Superseded images policyを必ず読んでください)

削除依頼の議論のための時間を過ぎて削除の合意が形成された場合、あなたは削除されるファイルが使われている全ての箇所を優れているファイルで置き換える必要があります。 グローバルなファイル使用状況でファイルがどこで使われているかを探すことができます。

ファイルの削除を依頼する前にそのファイルを必要としているかもしれない他のウィキペディア・プロジェクトのことを考慮してください。もし疑問があるなら、削除を依頼しないでください。

テンプレート 使い方
{{duplicate}} 全く同じファイルが存在するとき
{{superseded}} 同じテーマで、より良いファイルがアップロードされるとき
{{supersededPNG}} PNGで代替されたラスターグラフィックが存在する時
{{vector version available}} ベクター版が存在するとき

重複したページ(ファイルでない)の場合、リダイレクト処理することを考えてください。

手続きの方法[edit]

即時削除[edit]

Shortcut
COM:SPEEDY

There are certain instances when a file needs to be speedy deleted and under which an administrator can delete pages, images and other files on sight. For some cases there are specific speedy deletion tags (see above); otherwise, the generic tag {{speedydelete}} is available. Don't forget to add a reason like this: {{speedydelete|Reason}}.

An administrator will delete the file/page in due time. If anyone disagrees with the speedy deletion of a particular file, please convert to a regular deletion request (see below). Always make sure that all local links to a file or page are corrected and updated before deletion. The files/pages listed for speedy deletion are included automatically in Category:Candidates for speedy deletion and its subcategories.

Please always remember: Before deleting images in speedy deletion, make sure that the user has placed it there in accordance with these deletion guidelines. If not, please modify the template, moving it off of this page. Always check the file history to determine that the proper image description has not been vandalised.

When speedy-deleting files, it is suggested but not required to run GlobalUsage in order to fix uses on Wikimedia projects.

削除タグ付け[edit]

In some cases a file may be tagged with a "problem tag", and will be deleted if the problem is not resolved after a certain time (typically 7 days). See for example "#Missing legal information" above.

通常の削除[edit]

The "regular deletion" process involves starting a deletion discussion on a separate page, for which there is a standard schema, and listing the debate at Commons:Deletion requests. A "nominate for deletion" link in the lefthand toolbox is available (it requires Javascript to work) to make it easy to list files/pages at Commons:Deletion requests. This can also be done manually, however: the file/page is marked for deletion by adding {{delete|reason|day=31|month=July|year=2014}} template (replace reason by yours) and then it must be listed on Commons:Deletion requests; also, the uploader should be informed of the impending deletion.

The file/page may be deleted on decision by an admin if there were good reasons given in the debate for doing so. Always make sure that all local links to a file or page are corrected and updated before deletion. When deleting a file from deletion requests, it is good practice to run GlobalUsage and orphan the usage of that file. More information can be found on Commons:Deletion requests, and the files/pages listed for deletion are included in the Category:Deletion requests.

If you wish to nominate multiple items for deletion for the same reason (a mass request or mass nomination), please see Commons:Deletion requests/Mass deletion request.

Closure[edit]

In general, requests can be closed by an administrator after seven days. Deletion requests for obvious copyright violations can be closed earlier. Problematic or complex requests (such as highly used templates) can wait longer – even for several months if necessary. Non-admins may close a deletion request as keep if they have a good understanding of the process, and provided the closure is not controversial. If in doubt, don't do it.

In addition, no user may close a Deletion Request which includes media they have uploaded.

Administrators are encouraged to check whether the uploader was notified on their talk page of the pending deletion request (unless the image is an obvious violation, in which case the image can be speedy deleted).


削除に反論がある方へ[edit]

「削除されるべきでない」と論議をする場合には、まず、その削除を実行した管理者と話してみることをオススメします。 もしページやファイルが削除されたのは操作ミスであると確信している場合は、Commons:削除撤回依頼で削除撤回の依頼を提出することができます。

もし、あなたの意見がライセンシングプロジェクト基準 の基準を十分に満たしていると思われる場合には、しかるべき場所で、しっかりと反論するべきです。

カテゴリ[edit]

Categories are usually not deleted, but "redirected" using {{category redirect|new name}}. See Commons:Rename a category. This should not be used on categories that are misspellings and thus unlikely to be used by other people. Such categories should be tagged as: {{bad name|correct category name}}. If neither of the above cases apply, an entry can be placed at Commons:Categories for discussion (follow the link for instructions on how to do this).

Categories that are empty because all of the files they included were deleted can generally be deleted as well and are to be tagged with {tlp|bad name|correct category name}} if known, otherwise with {tlp|Speedy|empty and unused}}.

関連項目[edit]