Commons:日中韓筆順プロジェクト

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to: navigation, search
This project page in other languages:

Deutsch • English • français • 日本語 • 中文(简体)‎ • 中文(繁體)‎ • +/−

Crystal Clear app korganizer.png ようこそ!

こんにちは、ようこそ日中韓筆順プロジェクトへ!私たちは、漢字の筆順を示す画像を作成している、小さいけれども、意欲あふれるチームです。私たちの目標は、漢字日本における漢字韓国における漢字、そしてチュニョの正しい筆順を網羅する、高品質で、フリーの画像を作成することです。私たちが目指しているような品質でこのようなプロジェクトを行った人はいままでいませんでした。そして、繁体字、簡体字、日本式の3つの流派全てを網羅しようとしてるプロジェクトは、初めてであると自負しています。

私たちが作成した画像は、自由にお使いいただけます。そしてもしよければ、ぜひ私たちのプロジェクトに加わってください。現在は部首の網羅に取り組んでいます。参加は簡単です。私たちの準備した、画像のプロトコルに従って、簡単な手順で画像を作成することができます。また励ましのメッセージをいただければ、幸いです m(_ _)m。

作業は3つのサブカテゴリにわけられています。白黒画像 (~1.000)、 赤色グラデーション画像 (~100)、そしてアニメーションGIF (~250)です。

Ex: 中-bw.png中-red.png中-order.gif
Icon apps query.svg ご自由に使えます

ここにある画像は、もちろん、すべてご自身のウェブサイトで使用することができます。すべてはCreative Commons 2.5 ライセンスのもとで頒布されています ^。ご利用の際には、以下のクレジットを入れてください。

  1. Source: http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:CJK_stroke_order
    (出典: http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:CJK_stroke_order
  2. License: Images/animations under CC + GFDL
    (ライセンス: Images/animations under CC + GFDL)
  3. Authors: Mostly M4RC0 for -bw.png; Muke and Yug for -red.png; Wikic and Micheletb for -order.gif.
    (著者: -bw.pngファイルについては、ほとんどがM4RC0; -red.pngについてはMuke and Yug; -order.gifについてはWikic and Micheletb)
Nuvola apps kopete.png チームメンバー
Commons:Stroke Order Project members <ed>
Black & white images : 三-bw.png
Animations : 三-order.gif Wikic talk~
Red images : 三-red.png
Organisation and accessibility: Swift


Nuvola apps cache.png 方針、お知らせ
  1. 現在、白黒画像の作成に人手が必要です。対象は214部首 (~150 pics)と、アジアの表音文字 (ハングル、easy pics)です。
  2. -order.gif 中断中 (1 user)
  3. -red.png 中断中 (2 users)
中-red.png 画像屋さんを募集しています……

参加方法は簡単、作業に加わっていただくだけです。まずはこのページをお読みいただければ、私たちのチームについていろいろとおわかりいただけると思います。このページでは、私たちの方針、画像の種類ごとのファイルの命名法を知ることができます。また214部首の、3つの流派の正当な筆順を網羅するリストがあります。プロジェクトをお手伝いいただくには、Bitmap かAnimationの画像処理技術が若干必要となります。
以上が揃えば、もうこの筆順プロジェクトにご参加いただく準備は万端です。あなたの作品はCEDICT、HanDeDict、JMDICTなどの、CJK文字にリンクしているフリー字書で使われます。

(P. S. もしよかったら、ぜひ励ましのコメントをお寄せください。)


筆順プロジェクトについてより詳しく


Crystal Clear app korganizer.png プロジェクトの歴史と三つのサブプロジェクトへの分割

CJKの筆順への興味を共有する数人のウィキペディアンが、現在、3つのサブプロジェクトに取り組んでいます。
白黒 (*-bw.png)と、赤グラデーション (*-red.png)のサブプロジェクトは、書籍や印刷物にも使える、印刷可能なバージョンを作成しています。一方、順番サブプロジェクト (*-order.gif)は、より書道的で、作成には多くの作業を伴いますが、より美しい結果を得ることができます。

Ex: 中-bw.png中-red.png中-order.gif
Icon apps query.svg 筆順の三つの流派

本プロジェクトでは、筆順の三流派、即ち、簡体字(Simplified Chinese)、日本式(Japanese)、そして繁体字(Traditionnal Chinese)をそれぞれ個別に扱っています。特に明記されていないファイル(中-red.png)は簡体字、jがつけられたファイル(中-jred.png)は日本に固有の字、tがつけられたファイル(中-tred.png)は繁体字です。

Icon apps query.svg 書道について

本筆順プロジェクトは、書道と深い関係があります。使用するフリーフォントの選択にあたっては、楷書体であることを重視しています。また三つの書法、簡体字、繁体字、日本字は、三つの書道の流派とも対応しています。書道家が書を筆する際には、筆順が結果に影響をしますし、これは草書行書ではなおのことです。正しい筆順を知ることで、日本式の書道も、中国の伝統的書道も、古の書道家と同じように書くことができます。*-order.gifファイルを作成する順番サブプロジェクトは、このような書道的関心を強く有しています。

Icon apps query.svg 214の部首:他の漢字の手本として

プロジェクト発展の手がかりとして、また教育に使用する見地からも、まずは214部首を簡体字、日本字、繁体字の筆順で完成することを目指しています。214部首は、漢字を分類したもっとも有名で一般的なリストです。このリストを完成させることで、初歩的な画像処理技術をもったボランティアも、これを手本にプロジェクトに参加し、次なる目標の2000の基本漢字の筆順作成に参加できると考えています。

Nuvola apps kopete.png 語源学的SVG姉妹プロジェクト

本筆順プロジェクトは、もともと楷書体の正しい筆順を示すことに目的を限っていました。しかし、次第に、www.internationalscientific.orgの、オンライン語源学辞典を利用して、歴史的な字体をアップロードするユーザーも増えてきました。現在では、甲骨文、金文、大篆、小篆のフリーのSVG画像のアップロードを行う語源学的SVG姉妹プロジェクトも立ち上げられています。

Ex: 馬-oracle.svg馬-bronze.svg馬-bigseal.svg馬-seal.svg
Nuvola apps cache.png データベースの統合

本筆順プロジェクトは、画像データベースとして機能することを考えており、 EDICTCEDICT などのフリー字書へ画像を提供することができると考えています。すべてのファイルはユニコード(UTF-8)です。また全てのファイルは明確な命名法で名付けられています。例えば

馬-order.gif

のように [漢字]-プロジェクト名.拡張子となっています。基本は、大陸中国の筆順とし、利用者の関心に応じて、jを加えた日本式の筆順 (*-jorder.gif ; *-jred.png ;...) や、tを加えた繁体字の筆順 (*-torder.gif ; *-tred.png ;...) が準備されています。
2007年1月から、CEDICTのドイツ語版、 HanDeDict が私たちの *-bw.png images を約1000点使用しています。

中-red.png 作業の後は……

筆順プロジェクトのメンバーは、コンピューターの前で画像ソフトと格闘した後は、それぞれの時間を過ごしています。コモンズから遠く離れ、コンピューターからも遠く離れ、あるものはサッカーに興じ、あるものは本に没頭し、あるものはリスの世話をし、またあるものは次の試験に向けて勉強に励んでいます。それに、家族の面倒をみないといけないものもいますね。

(P. S. ぜひ励ましのメッセージをお寄せください!)

本プロジェクトがお役に立てるはず[edit]

ウィキブック・プロジェクトでは、本プロジェクトの画像を教育に使用しています。

ウィキペディアンも私たちの作品を利用しています。例えば、 fr:Tracé_d'un_sinogrammeen:Stroke order#Types of strokes
ウィクショナリーでも使われています。frlade

古漢字プロジェクトもぜひご覧下さい。