Commons:ボット

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of a page Commons:Bots and the translation is 55% complete. Changes to the translation template, respectively the source language can be submitted through Commons:Bots and have to be approved by a translation administrator.

Other languages:
العربية • ‎Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎français • ‎galego • ‎italiano • ‎日本語 • ‎Nederlands • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎Scots • ‎svenska

Shortcut: COM:BOTS


ボットの方針 · ボット使用申請
ボット作業依頼  · Changes to allow localization  · Requests for batch uploads
Gnome-system-run.svg
«we are programmed just to do
anything you want us to
we are the robots»
Kraftwerk, The Robots

ボットとは?[edit]

ボットは反復的な自動タスク処理を効果的に処理します。ウィキメディア・コモンズでのボットは、具体的な目的に応じて作成され、実用的に使える物だけ選定されています。 一部のボットは toolservertool labs の上で動いており、他はボット運営者のコンピュータで動いています。

ボットの活動についての承認[edit]

ウィキメディア・コモンズで動かされるボットは、すべて事前の承認を要します。承認は、ボット・フラグを必要とするか否かにかかわらず、得なければなりません。

承認は、ボット使用申請に列記された仕事についてのみ与えられます(仕事は「画像の投稿」、「Informationテンプレートに対するローカライゼーションのための変更」など、かなり一般化したものでもかまいません)。 承認を得ていない別目的のためにボットを使用することはできません。もちろん、ボット運営者はわずかな変更を実施しようとするたびに再申請をすることは求められていませんが、ボットの機能を変更して何らかの有意な新しい仕事を実施するようにしたときには、新たな申請をするべきです。 ボットを動かすための承認を求めるときは、 Commons:Bots/Requests へお越しください。

ボットアカウント[edit]

ボットは、ボット運営者が一般的な編集に使用するものとは別のユーザーアカウントから動かされなければなりません。アカウントがボットアカウントであることを示すため、ユーザー名は通常、「Bot」という単語を含むべきです。

ボットアカウントの投稿にボット運営者が責任を持つことに変わりはありません。ボット運営者の名前は、そのユーザーページに、目立つように表記されていなければなりません。投稿ボットは、正確なライセンス情報を記入し、カテゴリー分けを行うこと(各ファイルは、その内容または機能を表す、少なくとも1つのカテゴリーに分類されなければなりません)が望まれます。 ボット運営者は、運営するボットによって過って引き起こされたあらゆる被害を、速やかに修復する責任を負います。ボット運営者は、ボットに関するユーザーの質問に自ら対応できること、そして発見されたバグを速やかに修正することを保証しなければなりません。

ボットアカウントは、ボットに与えられた仕事の範囲外の投稿に使用するべきではありません。特に、ボット運営者は、ボットに関するメッセージへの返信のためにボットアカウントを使うべきではありません。 ボット運営者は、ボットアカウントの議論ページを、自分のアカウントの議論ページにリダイレクトしてもいいでしょう。

半自動化ツール(例えばジャバスクリプトによるツール)は普通、ボットとはみなされず、別のアカウントは必要としませんが、一部のユーザーは、ボットによらない高速編集のために別のアカウントを使用しています。

ボットについての情報[edit]

ボットのユーザーページは、望ましくは {{bot}} テンプレートを用いて、ボットがボットであることを明示するべきです。以下の情報が、そのページまたはそこからリンクされたページに明確に示されるべきです。ボット承認を求める前に、以下のすべての情報を記載していることを確認して下さい。

  • 作成者・運営者が誰であるかと、最良の連絡方法
  • ボットの仕事の詳細
  • ボットの動作が手動か自動か
  • ボットがいつ動くか(連続的、逐次的、あるいは特定の間隔で)
  • ボットの最大編集レート(例えば毎分の編集回数)
  • ボットが動作している言語またはプログラム

ボットのスピード[edit]

Bot operators should recognize that a bot making many requests or editing at a high speed has a much greater effect than the average contributor. Bots should therefore be conservative in their editing speed. A bot carrying out non-urgent tasks should not edit more frequently than once every 5 seconds. Bots carrying out urgent tasks, such as reverting vandalism, may edit faster. Unflagged bots should edit more slowly than flagged bots as their edits are visible in watchlists, and high-speed editing will swamp other users' lists.

ボット・フラグ[edit]

Some but not all bots may be flagged with the bot flag. The effect of the flag is to hide bot edits from user watchlists, recent changes and new images lists. This prevents these lists from being swamped by bot edits, particularly where the bot makes large numbers of edits and/or uploads over a limited period. The bot flag can be removed as a result of inactivity.

ボット・フラグは、効果的に信用のステートメントを示しています。つまり、「フラグ付きのボットは問題なく大丈夫だ」と信頼を置いているため、フラグ付きのボットによる編集処理は、ウォッチリスト(編集の経過観察)には表示されません。 従って、新しいボットは、しばらくの間、ボット・フラグなしの状態で動かすことが要求され、そのボットが正常に動作しているか観察されます。この"お試し(トライアル)"期間は、問題が発生した時に、議論したり問題解決を実施するために設置された期間なのです。

ボットのブロック[edit]

Any admin may block a bot – without the autoblock option set – that is misbehaving if the operator is not immediately available to deal with the issue. In principle, an unapproved bot may be blocked, though in practice unless the bot is doing harm the operator should normally be asked to submit a retrospective bot request. If it is noticed that a bot is being used for tasks which are significantly different from those specified in the original bot request, the bot operator should be asked to make a fresh bot request which specifies the new tasks.

ボット作成者・ボット運営者[edit]

ボットのユーザー・ページには、ボット運営者は誰なのか、and how they can best be contacted を明らかに明記してください。ボット運営者には操作に関する全ての責任が伴い、そのボットの実行で操作ミスが発生した場合、そのミスを全て回復させる責任があることを自覚してください。もしボットがファイルのアップロード処理である場合、そのボット処理はアップロードのみならず、正しいライセンス情報を含み、正しくカテゴリ分類される処理も必要です。(each file should belong to at least one category that describes its content or function). If the third party should receive these messages or no messages should be sent to your bot's talk page at all, please list your bot accordingly at MediaWiki:Gadget-libCommons.js or ask someone to do so using {{Edit request}} at the talk page and link back to this paragraph: [[Commons:Bots/ja#Notifications to upload bots]].

Bot Libraries[edit]

Bots can be written in almost any programming language. The choice of a language often depends on the experience of the bot writer, which languages s/he is familiar with, or on the availability of pre-developed libraries to perform the desired task. The following list includes several libraries to assist with bot tasks.

Useful bots that you can request services from[edit]

  • ArchiveBot - automatically archives discussion pages.
  • SpBot - automatically archives discussion pages.
  • CommonsDelinker - can be commanded to universally replace images; move/rename/add categories.
  • Flickr upload bot - semi-automatically transfers images from Flickr to Commons, if they have an acceptable license.
  • O - move, rename, add, or remove categories; text replacements.
  • Rotatebot rotates pictures bearing the template {{Rotate}}
  • Cropbot cuts your images
  • UploadStatsBot - Keep your number of uploaded, overwritten and deleted files as well as your edit count up-to-date.