User:Mti/municipal coat of arms Aichipref

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to: navigation, search

愛知県の市町村章一覧(あいちけんのしちょうそんしょういちらん)は、愛知県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部[edit]

市章 由来 制定日 備考
名古屋市 Nagoya CitySymbol.svg 「八」を表したもの[1] 1907年10月30日[1] この地を拠点としていた尾張親藩尾張徳川家)の合印(「丸に八の字」紋)が由来。
豊橋市 Symbol of Toyohashi Aichi.svg 三河吉田藩主松平(大河内)家の紋章であり、千切紋を表している[2][3][2] 1909年6月6日[3] 三河吉田藩主松平(大河内)家が一般公務・軍事行為の際に使用されていた紋章を1909年6月6日に継承したもの[2]
岡崎市 Okazaki Aichi chapter.JPG 「岡」を図案化したもの[4] 1916年7月1日[5] 1962年4月1日に条例化される[4][6]
一宮市 Symbol of Ichinomiya Aichi.svg 五鈴鏡を表している[1] 1922年10月2日[1] 1909年に児童用の帽子の記章として、一宮町章として制定され、市制施行後に継承された[7]
服部康吉・原田清太郎・佐藤佐太郎・桜井義一の合同作品[7]
瀬戸市 Seto Aichi chapter.JPG 「土」・「陶器の壺」を表している[8][9] 1930年9月12日[8]
半田市 Mark of Handa (Aichi).svg 全体で「半田」を図案化し、「田」を中心にし、「半」を外にしたもの[10][11] 1937年8月1日[11] 1933年に半田町章として制定されていたものを市制施行後に継承される[12]
春日井市 Mark of Kasugai (Aichi).svg 「春日井」を表している[4] 1943年6月1日[4]
豊川市 Toyokawa Aichi chapter.JPG 「ト」を四つ並べ、「川」を図案化したもの[3] 1944年9月1日[3] 1933年に豊川町章として制定されていたものを市制施行後に継承される[13]
津島市 Tsushima Aichi chapter.JPG 「ツしマ」を図案化し、外円と中央の三角形にしたもの[3][14] 1957年3月1日[3] 2代目の市章である
碧南市 Symbol of Hekinan Aichi.svg 「碧(へき)」を図案化したもの[15][16][17] 1948年4月5日[16][18]
刈谷市 Mark of Kariya (Aichi).svg 「かりや」(「雁」と「8」)を図案化したもの[19][4][20] 1951年10月26日[4][21]
豊田市 Emblem of Toyota, Aichi.svg 「衣」を図案化したもの[11][22] 1951年11月22日[11][23] かつて「衣の里」と呼ばれていたことに由来。市章制定当時の市名は「挙母市(ころもし)」であった。
安城市 Symbol of Anjo Aichi.svg 「安」を図案化したもの[1][24] 1952年5月5日[25] 制定前から非公式に使用され、1960年5月5日に告示される[1][26]
西尾市 Nishio Aichi chapter.JPG 西尾城大給松平家の道中目印を表している[11] 1965年2月1日[11] 1889年10月1日に西尾町章として制定され、[27]1910年12月再制定され、市制施行後に継承された[28]
蒲郡市 Emblem of Gamagori.svg 蒲形松平家の家紋を表したもの[4] 1955年7月20日[4]
犬山市 Inuyama Aichi chapter.JPG 犬山藩成瀬氏の紋章を表している[1](「丸に一文字」紋) 1954年4月1日[1] 1889年4月1日に犬山町章として制定され、1927年4月に再制定され、[29][30]市制施行後に継承される[31]
福島県郡山市に本社を置くマルイチグループのロゴマークと類似している
常滑市 Tokoname logo.svg 「常」を図案化したもの[3][32] 1955年6月3日[3][33] 杉本健吉の作品である[32]
江南市 Konan Aichi chapter.JPG 「コウナン」を図案化したもの[8] 1955年3月1日[8]
小牧市 Komaki Aichi chapter.JPG 「コマキ」を表したもの[8] 1955年4月1日[8]
稲沢市 Symbol of Inazawa Aichi.svg 「い」を図案化したもの[8] 1981年4月1日[8] 稲沢町制時の1952年12月(日付は不明)[34][35]に制定され、市制施行後に継承・使用され、再制定される[36]
新城市 Symbol of Shinshiro Aichi.svg を表している[8] 2005年10月1日[8] 色は緑色と黄土色が指定されている[37]
2代目の市章である
東海市 Tokai Aichi chapter.JPG 「とう」を象徴し、意匠化したもの[3] 1969年4月1日[3]
大府市 Ohbu Aichi chapter.JPG 「お」を図案化したもの[4][38] 1970年9月1日[39] 大府町制時の1958年10月1日に制定され、市制施行後に継承される[38][4]
知多市 Mark of Chita (Aichi).svg 「ち」を図案化したもの[3][40] 1970年9月1日[40][3] 知多町制時の1955年10月18日に制定され、市制施行後に継承される[40]
知立市 Mark of Chiryū (Aichi).svg 八橋かきつばたを図案化し、表現したもの[41][3] 1970年12月1日[42][3] 知立町制時の1957年10月2日に制定され、市制施行後に継承される[43][42]
尾張旭市 Owariasahi Aichi chapter.JPG 三つの「ア」を表している[4] 1957年10月5日[44][4] 旭町章と制定され、市制施行後に継承された[44]
高浜市 Takahama Aichi chapter.JPG 「高」を図案化したもの[4] 1970年12月1日[45] 高浜町制時の1954年6月1日に制定され、市制施行後に継承された[4]
岩倉市 Mark of Iwakura (Aichi).svg 井桁の上下を二つの末広型に変化したもの[1] 1971年12月1日[1] 岩倉町制時の1959年4月1日に制定され、市制施行後に継承された[46][47]
豊明市 Symbol of Toyoake Aichi.svg 「トヨ」を図案化したもの[1] 1972年8月1日[48] 豊明町制時の1966年10月1日に制定され、市制施行後に継承された[1]
日進市 Nisshin Aichi chapter.JPG 円内は「進」を図案化し、円外は直射する矢印を表し、旭日昇天の勢いを表している[49][11] 1906年5月10日[50] 日進村章として制定され、町制施行後・市制施行後に継承される[50]
田原市 (著作権存続) 渥美半島三河湾太平洋を表したもの[3] 2005年10月1日[3] 2代目の市章である
色は青色と緑色が指定されている[51]
愛西市 Aisai Aichi chapter.JPG 「a」を表したもの[1] 2005年4月1日[1] 色は緑色・青色・赤色が指定されている[52]
清須市 (著作権存続) 「水」・「未来」を表したもの[1] 2005年7月7日[1] 色は青色と水色が指定されている[53]
北名古屋市 Kitanagoya Aichi chapter.JPG 「北」と「NAGOYA」を組み合わせたもの[4] 2006年11月11日[4] 色は青色と緑色が指定されている[54]
弥富市 Yatomi Aichi chapter.JPG 水平と円と山型を表している[4] 1966年3月31日[4] 2代目の弥富町章を市制施行後に継承された
みよし市 Miyoshi Aichi chapter.JPG 「み」を円く収まる形で意匠化したもの[55] 1959年2月28日[16] 三好町章として制定されていたものを市制施行後に継承された[56]
あま市 (著作権存続) 「あま」から受ける印象と「AMA」を組み合わせたもの[57] 2010年9月23日[57]
長久手市 Nagakute Aichi chapter.JPG 「な」を図案化したもの[11] 1971年4月1日[58] 長久手町章として制定され、1990年5月21日に再制定され、市制施行後に継承された[11]
色は濃緑色が指定されている[59]

町村部[edit]

町村 町村章 由来 制定日 備考
愛知郡 東郷町 Togo Aichi cahpter.JPG 「と」を図案化したもの[3] 1970年5月13日[3]
西春日井郡 豊山町 Toyoyama Aichi chapter.JPG 「とよ」を図案化したもの[3] 1975年10月6日[3]
丹羽郡 大口町 Symbol of Oguchi Aichi.svg 「大口」を一体化し、図案化したもの[60][1][61] 1972年8月1日[61][1] 2代目の町章である
1972年9月25日に条例化される[61]
扶桑町 Fuso Aichi chapter.JPG 「ふ」を図案化したもの[11] 1967年4月1日[11]
海部郡 大治町 Oharu Aichi chapter.JPG 「大」を丸く図案化し、「治」を配している[4] 1975年4月1日[62]
(便宜的に制定)
詳細日不明[4]
大治村役場庁舎の屋根瓦(役物)のデザインを大治村章として制定し、町制施行後に継承される[62]
蟹江町 Kanie Aichi chapter.svg 「三引紋」を表している[4][63] 1934年1月10日[63][4][64] 蟹江城主であった佐久間家の家紋に由来している[63]
飛島村 Tobishima Aichi chapter.JPG 「と」を図案化したもの[3] 1980年3月25日[3][65]
知多郡 阿久比町 Symbol of Agui Aichi chapter.svg 「あ」を図案化したもの[1][66] 1968年10月1日[66][1]
東浦町 Symbol of Higashiura Aichi.svg 「ひ」を図案化したもの[11][67] 1958年6月1日[11][67]
南知多町 Symbol of Minamichita Aichi.svg 「み」を図案化したもの[16] 1963年7月13日[16]
美浜町 Mihama Aichi chapter.svg 「ハマ」を組み合わせて、全体で「ミハマ」を表したもの[16] 1961年12月25日[16] 1962年1月1日に施行される[68]
武豊町 Taketoyo Aichi chapter.JPG 「タケ」を合成したもの[3] 1974年10月5日[3]
額田郡 幸田町 Symbol of Kota Aichi.svg 「Kota」を表している[8][69] 1959年9月1日[8][70]
北設楽郡 設楽町 Symbol of Shitara Aichi.svg 「S」を表したもの[8] 2005年11月21日[8] 赤色・橙色・青色が指定されている[71]
東栄町 Toei Aichi cahpter.JPG を表している[3] 1957年2月6日[3]
豊根村 (著作権存続) 「と」を鳩が舞い上がる姿を表し、図案化したもの[11][72] 1972年10月[11]

廃止された市町村章[edit]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
津島市 Former Tsushima Aichi chapter.png フジの花を表している[73] 1914年5月15日[73] 1957年3月1日 津島町章として制定された[73]
碧海郡 上郷町 なし[74] 1964年3月1日
知多郡 有松町 なし[75] 1964年12月1日
大高町 なし[76]
碧海郡 高岡町 Takaoka Aichi chapter.jpg 「高岡」を図案化し、「タカ」を表したもの[77] 不明 1965年9月1日
海部郡 弥富町 Former Yatomi Aichi chapter.jpg 不明 不明 1966年3月31日 初代の町章である
西加茂郡 猿投町 なし[78] 1967年4月1日
碧海郡 桜井町 Sakurai Aichi chapter.jpg 「桜井」を表したもの[79] 不明
知多郡 上野町 Ueno Aichi chapter.jpg 不明 1962年[80] 1969年4月1日
横須賀町 Yokosuka Aichi chapter.jpg 「扇島」の地形を図案化したもの[81] 不明
西春日井郡 西枇杷島町 Former Nishibiwajima Aichi chapter.jpg 不明 不明 1969年10月1日 初代の町章である
東加茂郡 松平町 Matsudaira Aichi chapter.jpg を三階松で表し、中に「平」を配し、全体で「松平」を図案化したもの[82] 1961年11月1日[82] 1970年4月1日 松平村章として制定され、町制施行後に継承された[82]
東加茂郡 足助町 Former Asuke Aichi.jpg 不明 不明 1971年1月 初代の町章である
丹羽郡 大口町 Former Oguchi Aichi chapter.jpg 不明 1950年4月1日[83] 1972年8月1日 大口村章として制定され、町制施行後に継承された[83]
渥美郡 赤羽根町 Symbol of Akabane Aichi chapter.svg 「ア」をになぞったもの[84] 不明 2003年8月20日
尾西市 Bisai Aichi chapter.JPG 「尾」を図案化したもの[85] 1955年6月1日[85] 2005年4月1日
葉栗郡 木曽川町 Kisogawa Aichi chapter.svg 「木」を図案化したもの[85] 1960年12月20日[85]
西加茂郡 藤岡町 (著作権存続) 「フジオカ」を図案化したもの[86] 1974年6月[86] 藤岡村章として制定され、町制施行後に継承された
小原村 (著作権存続) 「小」を図案化し、黒い部分は「小」・中央の円形は「原」を意味したもの[87][86] 1975年9月[86]
東加茂郡 足助町 (著作権存続) 「あ」を近代的に意匠化したもの[86] 1971年1月[86] 1970年に公表され、1971年1月に制定された[88]
2代目の町章である
下山村 Shimoyama Aichi chapter.jpg 「シモ」の内、「モ」を四つ表し、「山」を図案化したもの[86] 不明[86]
旭町 (著作権存続) 「旭」を円く図案化したもの[89][86] 1972年9月2日[89][86]
稲武町 (著作権存続) 「い」を丸く図案化し、中央部に「木」を表したもの[90][86] 1969年11月[86]
中島郡 祖父江町 Sobue Aichi chapter.jpg 「そ」を図案化したもの[91] 1971年6月1日[91]
平和町 Heiwa Aichi chapter.jpg 「平」と和の意味である「円」を表したもの[91] 1969年2月8日[92] 1969年2月12日に条例化された[91]
海部郡 佐屋町 Saya Aichi chapter.JPG 毛利元就の教訓にある「三矢」を「佐屋」に例えたもの[93] 不明[93]
立田村 (著作権存続) 「立」を鳥の羽搏く姿に図案化したもの[93] 1977年2月1日[93]
八開村 (著作権存続) 「八カイ」を左右一対の飛ぶ鳥に意匠化したもの[93] 1977年9月27日[93]
佐織町 Saori Aichi chapter.JPG 織機の「杼」を図案化したもの 1906年7月1日[94] 佐織村章として制定され、町制施行後に継承され、1979年9月1日に再制定された[93]
西春日井郡 西枇杷島町 (著作権存続) 「に」を大空に飛び交う翼を表したもの[95] 1969年10月1日[96] 2005年7月7日 2代目の町章である
清洲町 Kiyosutown Aichi chapter.JPG 「き」を図案化し、清洲城を想像したもの[97][98] 1972年9月18日[96]
新川町 Shinkawa Aichi chapter.jpg 「しん」を新川町の地形に図案化したもの[99] 1964年10月1日[96]
新城市 Former Shinshiro Aichi chapter.svg 「し」を円にし、三釘貫の紋章である「品」を図案化したもの[100] 1955年7月8日[100] 2005年10月1日 新城町章として制定され、市制施行後に初代の市章として継承された
南設楽郡 鳳来町 Horai Aichi chapter.svg 鳳来寺にあるを表したもの[100] 1957年2月15日[100] 色は緑色が指定されている[101]
作手村 (著作権存続) 山岳と日の出を表したもの[100] 1966年5月1日[100]
田原市 Taharatown Aichi chapter.JPG 「た」を図案化し、旭日波等を表し、田原城の巴の形を意味したもの[102][103] 1952年[103] 田原町章として制定され、市制施行後に初代の田原市章として継承された[103]
渥美郡 渥美町 (著作権不明) 「ア」を円形にし、波の形にしたもの[104] 不明
北設楽郡 設楽町 Former Shitara Aichi chapter.jpg 「シタラ」を図案化したもの[105] 1963年11月3日[105] 初代の町章である
津具村 (著作権存続) 「つぐ」・「山」を表したもの[105] 1975年11月8日[105]
北設楽郡 富山村 (著作権不明) 三つの「と」を円形にして「富」を表し、「山」の形とし、合わせて「富山」を表したもの[106][107] 1983年以前[108] 2005年11月27日
額田郡 額田町 Nukata Aichi chapter.JPG 「ヌカ田」を図案化したもの[109] 1956年12月10日[109] 2006年1月1日
宝飯郡 一宮町 (著作権存続) 「イチ」を組み合わせたもの[110] 1970年11月20日[110] 2006年2月1日
西春日井郡 師勝町 Shikatsu Aichi chapter.JPG 「シ」を飛ぶ鳥を想像し、図案化したもの[111][112] 1969年6月16日[113] 2006年3月20日 1969年6月10日から公表されている[114]
西春町 Nishiharu Aichi chapter.JPG 「にし」を表し、「に」は飛ぶ鳥を想像・「し」は日和の円さを示している[115][116] 1970年7月28日[113]
海部郡 十四山村 (著作権不明) 児童の校帽徽章として採用されているものを一部手直ししたもの[117] 1969年[117] 2006年4月1日
宝飯郡 音羽町 Otawa Aichi chapter.JPG 「音」を意匠化しかつ図案化したもの[118][110][4] 1981年3月5日[110][4] 2008年1月15日
御津町 Mito Aichi chapter.png 「ミト」を図案化し、「ミ」は三河湾・「ト」は波を表したもの[119][110][16] 1939年1月1日[110][120]
西春日井郡 春日町 (著作権存続) 「は」を図案化したもの[11] 1973年1月1日[11] 2009年10月1日 春日村章として1972年12月13日に公開され、制定された[121]
宝飯郡 小坂井町 (著作権存続) 「小」を意匠化しかつ図案化したもの[122][110][8] 1972年10月1日[8][110] 2010年2月1日
海部郡 七宝町 Shippo Aichi chapter.JPG 「七」を図案化したもの[8] 1973年11月3日[8] 2010年3月22日 色は青色が使われている[123]
美和町 Miwa Aichi chapter.svg 三つの輪を表している[3] 1968年4月1日[3]
甚目寺町 Jimokuji Aichi chapter.JPG 甚目寺を表している[3] 1970年1月1日[3] 1969年12月20日に公開された[124]
幡豆郡 一色町 Isshiki Aichi chapter.JPG 「一色」を変形したもの[1] 1966年12月23日[1] 2011年4月1日
吉良町 Kira Aichi chapter.JPG 「キラ」を図案化したもの[4] 1957年8月10日[125] 1955年から使われている[1]
幡豆町 Hazu Aichi chapter.svg 「ハ」を表している[11] 1967年9月18日[11]

関連項目[edit]

参考文献[edit]

書籍[edit]

  • 小学館辞典編集部 , ed. () 図典 日本の市町村章 (初版第1刷 ed.), 小学館 ISBN: 4095263113.
  • 近藤春夫 () 都市の紋章 : 一名・自治体の徽章, 行水社 Template:近代デジタルライブラリー
  • 中川幸也 () シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」, 中川ケミカル
  • 丹羽基二 (1984-5-5) 日本の市章 (西日本), 保育社
  • 望月政治 (1973-7-7) 都章道章府章県章市章のすべて, 日本出版貿易株式会社
  • NHK情報ネットワーク (1992-4-1) NHKふるさとデータブック5 [東海], 日本放送協会

愛知県書籍[edit]

  • 愛知県 (1964-3-30) 愛知県市町村勢要覧1964, 愛知県

自治体書籍[edit]

  • 富山村 (1994-1) 小さな村の大きなハート 1994 富山村勢要覧, 愛知県北設楽郡富山村
  • 富山村 (1983-3) 富山村総合計画 昭和58年 - 昭和67年, 愛知県北設楽郡富山村

脚注[edit]

  1. a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 図典 日本の市町村章 p134
  2. a b c NHKふるさとデータブック p400
  3. a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 図典 日本の市町村章 p137
  4. a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 図典 日本の市町村章 p135
  5. 愛知県市町村勢要覧1964 p16
  6. 岡崎市章及び岡崎市旗を定める条例
  7. a b 一宮市の紹介 - 市章
  8. a b c d e f g h i j k l m n o p q r 図典 日本の市町村章 p136
  9. NHKふるさとデータブック p407
  10. NHKふるさとデータブック p411
  11. a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 図典 日本の市町村章 p138
  12. 愛知県市町村勢要覧1964 p22
  13. 愛知県市町村勢要覧1964 p26
  14. NHKふるさとデータブック p419
  15. NHKふるさとデータブック p420
  16. a b c d e f g h 図典 日本の市町村章 p139
  17. 碧南市はこんなまち. 碧南市. Retrieved on 2013-09-03.
  18. 碧南市章. Retrieved on 2013-09-03.
  19. NHKふるさとデータブック p422
  20. 市勢情報. 刈谷市. Retrieved on 2013-09-03.
  21. 刈谷市章制定について. 刈谷市. Retrieved on 2013-09-03.
  22. 市章・市の花・市の木. 豊田市. Retrieved on 2013-09-03.
  23. 豊田市き章. 豊田市. Retrieved on 2013-09-03.
  24. まちのこと知っているかな?. 安城市. Retrieved on 2013-09-03.
  25. 愛知県市町村勢要覧1964 p36
  26. 安城市章制定について. Retrieved on 2013-09-03.
  27. 愛知県市町村勢要覧1964 p38
  28. 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p42
  29. 都章道章府章県章市章のすべて p335
  30. 愛知県市町村勢要覧1964 p42
  31. 犬山市章
  32. a b 市の概略. 常滑市. Retrieved on 2013-09-03.
  33. 常滑市章制定について. Retrieved on 2013-09-03.
  34. 都章道章府章県章市章のすべて p334
  35. 愛知県市町村勢要覧1964 p52
  36. 稲沢市章
  37. 新城市章及び市旗
  38. a b 市のシンボル. 大府市. Retrieved on 2013-09-03.
  39. 大府市章制定について
  40. a b c 知多市章制定について. 知多市. Retrieved on 2013-09-03.
  41. 知立市の概要. 知立市. Retrieved on 2013-09-03.
  42. a b 知立市章制定について. 知立市. Retrieved on 2013-09-03.
  43. 都章道章府章県章市章のすべて p340
  44. a b 尾張旭市紋章制定の件
  45. 高浜市章
  46. 都章道章府章県章市章のすべて p342
  47. 岩倉市章制定について
  48. 豊明市章
  49. NHKふるさとデータブック p472
  50. a b 愛知県市町村勢要覧1964 p64
  51. 田原市の市章・市民憲章
  52. 愛西市章の制式
  53. 清須市のプロフィール
  54. 北名古屋市章の制定について
  55. みよし市(し)ってどんなところ?
  56. みよし市章
  57. a b 広報あま2010年11月号 市章が決まりました、山田副市長が就任(28ページ)
  58. 広報ながくて町 2012年1月号 p8
  59. 長久手市章取扱要綱
  60. NHKふるさとデータブック p486
  61. a b c 大口町章. 大口町. Retrieved on 2013-09-03.
  62. a b NHKふるさとデータブック p498
  63. a b c 町の概要. 蟹江町. Retrieved on 2013-09-03.
  64. 愛知県市町村勢要覧1964 p112
  65. 飛島村の村章の制式及び村旗の取扱いを定める規程
  66. a b 町章. 阿久比町. Retrieved on 2013-09-03.
  67. a b 「ひがしうらのすがた」平成24年度版 (PDF). 東浦町. Retrieved on 2013-09-03.
  68. 美浜町町章を定むるについて
  69. 町の概要. 幸田町. Retrieved on 2013-09-03.
  70. 幸田町章. 幸田町. Retrieved on 2013-09-03.
  71. 設楽町章及び設楽町旗の取扱要領
  72. NHKふるさとデータブック p547
  73. a b c 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p43
  74. 愛知県市町村勢要覧1964 p158
  75. 愛知県市町村勢要覧1964 p136
  76. 愛知県市町村勢要覧1964 p138
  77. 愛知県市町村勢要覧1964 p160
  78. 愛知県市町村勢要覧1964 p182
  79. 愛知県市町村勢要覧1964 p156
  80. 愛知県市町村勢要覧1964 p140
  81. 愛知県市町村勢要覧1964 p142
  82. a b c 愛知県市町村勢要覧1964 p192
  83. a b 愛知県市町村勢要覧1964 p88
  84. NHKふるさとデータブック p569
  85. a b c d 一宮市・尾西市・木曽川町合併協議会 慣行の取り扱い
  86. a b c d e f g h i j k l 豊田加茂合併協議会の調整内容 慣行の取り扱いについて (その2)
  87. NHKふるさとデータブック p536
  88. NHKふるさとデータブック p538
  89. a b NHKふるさとデータブック p542
  90. NHKふるさとデータブック p551
  91. a b c d 稲沢市・祖父江町・平和町合併協議会の調整内容 慣行の取扱いについて
  92. heiwa 平和町章と町民憲章
  93. a b c d e f g 海部西部4町村合併協議会の調整方針
  94. 愛知県市町村勢要覧 p126
  95. NHKふるさとデータブック p476
  96. a b c 西枇杷島町・清洲町・新川町合併協議会 慣行の取り扱い
  97. NHKふるさとデータブック p482
  98. 清州町の概要
  99. NHKふるさとデータブック p484
  100. a b c d e f 新城市・鳳来町・作手村合併協議会 慣行の取り扱い
  101. NHKふるさとデータブック p552
  102. NHKふるさとデータブック p567
  103. a b c 愛知県市町村勢要覧1964 p230
  104. NHKふるさとデータブック p571
  105. a b c d 新しい設楽町の町章デザイン募集!
  106. 小さな村の大きな ハ-ト 1994
  107. NHKふるさとデータブック p548
  108. 富山村総合計画 昭和58年 - 昭和67年
  109. a b 岡崎市・額田町合併協議会の協定項目調整内容 慣行の取り扱い
  110. a b c d e f g h 豊川市・音羽町・一宮町・小坂井町・御津町合併協議会「慣行の取扱い」について
  111. NHKふるさとデータブック p479
  112. 師勝町の概要
  113. a b 師勝町・西春町合併協議会 慣行の取扱いについて 市章・市民憲章について
  114. 師勝町章の制定
  115. NHKふるさとデータブック p480
  116. 広報にしはる 2006年3月号 p5
  117. a b NHKふるさとデータブック p501
  118. NHKふるさとデータブック p559
  119. NHKふるさとデータブック p564
  120. 御津のあゆみ
  121. 第2回清須市・春日町合併協議会次第 協議第19号 慣行の取扱いについて
  122. NHKふるさとデータブック p563
  123. NHKふるさとデータブック p492
  124. 甚目寺町章制定に関する条例
  125. 西尾市・幡豆郡三町合併協議会 市町章制定