User:Mti/municipal coat of arms Tochigipref

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to: navigation, search

栃木県の市町村章一覧(とちぎけんのしちょうそんしょうのいちらん)は、栃木県内の市町村に制定されている、あるいは制定されていた市町村章の一覧である。なお、一覧の順序は全国地方公共団体コード順による。廃止された市町村章は廃止日から順に掲載している。

市部[edit]

市章 由来 制定日 備考
宇都宮市 Utsunomiya Tochigi chapter.svg 亀甲・「宮」を図案化したもの[1][2] 1911年2月14日[1][2]
足利市 栃木県足利市市章.svg 神鏡(古鏡)に「足」を配したもの[3][2] 1914年1月14日[3][2] 足利町の町章を1921年1月1日の市制施行後もそのまま使用[3]
栃木市 Tochigi Tochigi chapter.JPG 「と」を図案化としたもの[4] 2010年10月2日[4] 色は青色・緑色・橙色が指定されている[5]
2代目の市章である
佐野市 Symbols of Sano Tochigi.JPG 「S」を図案化したもの[6][7] 2005年11月10日[7][6] 色は緑色・橙色・青色が指定されている[8]
2代目の市章である
鹿沼市 栃木県鹿沼市市章.svg 「カ」を図案化し、さらに細分化して「カヌマ」を表したもの[9][10][11] 1948年10月1日[10][11]
日光市 Symbol of Nikko, Tochigi.svg 「N」を円形に五つ配したもの[12][13][14] 2006年3月20日[12][14] 色は橙色と赤色が指定されている[12]
2代目の市章である
小山市 Symbol of Oyama, Tochigi.svg 「小」を円形に図案化したもの[2] 1954年9月18日[2]
真岡市 栃木県真岡市市章.svg 「真」を図案化したもの[15][14] 1954年12月20日[15][14]
大田原市 Otawara Tochigi chapter.JPG 「大」を飛鳥形に図案化したもの[16][17][11] 1927年1月1日[11] 大田原町制時に制定された町章を1954年12月1日の市制施行後もそのまま使用している
矢板市 Yaita, Tochigi municipal emblem.svg 「矢い」を図案化したもの[18][19][14]
1958年11月1日[18][14]
那須塩原市 那須塩原市章.svg 「NS(那須塩原)」を立体的に図案化したもの[20][7] 2005年1月1日[21][7] 色は橙色・青色・緑色が指定されている[21]
さくら市 Symbols Sakura Tochigi.gif 「さ」を図案化したもの[22][23][7] 2005年3月28日[22][7] 花弁は桃色・背景は青色・「さ」は白色が指定されている[22]
那須烏山市 Symbol Nasukarasuyama Tochigi.jpg 二羽のカラスで「山」・太陽で「自然」と「やさしい町」を図案化したもの[24][25] 2005年10月1日[7][25] 色はカラスの部分は外観は黒色・内部は緑色で太陽の部分は黄土色が指定されている[25]
下野市 Symbol of Shimotsuke Tochigi.svg 「下」を図案化したもの[26][27][7] 2006年1月10日[7] 色は緑色・赤色・橙色が指定されている[26]

町村部[edit]

町村 町村章 由来 制定日 備考
河内郡 上三川町 Kaminokawa Tochigi chapter.JPG 「上三川」を一字に抽象化したもの[28][29][2] 1968年1月1日[28][29][2]
芳賀郡 益子町 Mashiko Tochigi chapter.JPG 「益」を図案化したもの[30][31] 1965年1月11日[30][31]
茂木町 Motegi Tochigi chapter.JPG 「モ」を形どり、正三角形を左側に配したもの[32][31] 1969年3月1日[31]
市貝町 Ichikai Tochigi chapter.JPG 「市」を図案化したもの[33][2] 1961年7月30日[2] 市貝村章として制定され、町制施行後に継承された
芳賀町 栃木県芳賀町町章.svg 「ハ」は円形にし、「カ」は正三角形に図案化したもの[2][34] 1956年12月27日[34][2]
下都賀郡 壬生町 Mibu Tochigi chapter.JPG 「ミブ」を円形型に組み合わせたもの[35][31] 1960年7月5日[31]
野木町 Nogi Tochigi chapter.JPG 「のぎ」を図案化したもの[36][31] 1973年2月1日[31]
塩谷郡 塩谷町 Shioya Yochigi chapter.JPG 塩谷の「シ」で谷を作成している[37][38][39] 1978年6月6日[39]
高根沢町 Symbol of Takanezawa Tochigi.svg 「高」を大きく羽ばたく鳥に意匠化したもの[40][39] 1959年12月25日[39]
那須郡 那須町 Symbol of Nasu Tochigi.svg 「ナス」を図案化したもの[41][31] 1963年9月30日[31]
那珂川町 Nakagawa Tochigi chapter.JPG 「N」を基にし、太陽を配したもの[42][39] 2005年10月1日[39] 色は「N」の部分は緑色・黄緑色で太陽の部分は赤色である[42]

廃止された市町村章[edit]

市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考
下都賀郡 大平町 (著作権存続) 「大ヒラ」を図案化したものであり、雄和を表したもの[43] 1971年11月[43][44] 1991年5月18日 初代の町章である
黒磯市 Kuroiso Tochigi chapter.JPG 「クロ」を菱形にして図案化したもの[45][46] 1958年6月16日[46] 2005年1月1日 黒磯町章として制定され、市制施行後に継承され、1978年4月1日に再制定された[47]
那須郡 西那須野町 (著作権存続) 「にし」を図案化したもの[48] 1967年2月10日[47]
塩原町 (著作権存続) 「しお」を図案化し、全体は「しおばら」を表したもの[49] 1967年9月1日[47]
佐野市 Former Sano Tochigi chapter.JPG 「サ」を図案化したもの[50] 1943年12月31日[50] 2005年2月28日 初代の市章である
安蘇郡 田沼町 Tanuma Tochigi chapter.JPG 「た」を翼型にして図案化したもの[51][50] 1967年3月17日[50]
葛生町 Kuzuu Tochigi chapter.JPG 「く」を頂角にして図案化したもの[52][50][53] 1968年10月21日[50]
塩谷郡 氏家町 Ujiie Tochigi chapter.JPG 「ウ」を象徴化したもの[54] 1969年11月[54] 2005年3月28日
喜連川町 Kizuregawa Tochigi chapter.JPG 「喜」を図案化し、斬新と簡明化を図って「キ」の中に「川」を表したもの[55][54] 1964年12月
那須郡 湯津上村 (著作権存続) 「ゆ」を図案化したもの[56] 1974年[57] 2005年10月1日
黒羽町 (著作権存続) 山と川を「羽」で表し、真ん中に「黒」の文字を入れたもの[58][59] 1973年[57]
南那須町 Minaminasu Tochigi chapter.JPG 全体は円形であり、「南」を抽象化し、「なす」を併用し図案化したもの[60] 1964年10月1日 南那須村章として制定され、町制施行後に継承される
烏山町 (著作権存続) 「力」を表し、「山」と併用し図案化したもの[60] 1980年1月1日[60]
馬頭町 Bato Tochigi chapter.png 「バトウ」を組み合わせたもの[61] 1963年11月10日[61]
小川町 Ogawa Tochigi chapter.png 「小川」を扇の形に抽象化したもの[61] 1965年5月25日[61]
上都賀郡 粟野町 Awano Tochigi chapter.JPG 「アワノ」を想像して表現したもの[62] 1961年6月5日[62] 2006年1月1日
河内郡 南河内町 Minamikawachi Tochigi chapter.JPG 「カワ」を図案化したもの[63] 1972年7月1日[63] 2006年1月10日
下都賀郡 石橋町 Ishibashi Tochigi chapter.JPG 「いしばし」を図案化し、その内、「い」は平行四辺形にして、「し」を丸くしたもの[64][63] 1967年4月1日[63]
国分寺町 Kokubunji Tochigi chapter.JPG 「こ」を「和」にして、「く」をハトが飛び出すように意匠化したもの[65][63] 1976年6月1日][63]
日光市 Former Nikko Tochigi chapter.JPG 全体は日光を表し、「光」を図案化し、「日」で囲ったもの[66] 1893年1月1日[67] 2006年3月20日 日光町章として制定され、市制施行後に初代の市章として継承された
恒久王妃昌子内親王成久王妃房子内親王から日光町旗と紋章入提灯を下賜されたものである[67]
元・宮内省御養育主任の作品である[67]
今市市 Imaichi Tochigi chapter.JPG 同じ大きさの菱形を2分の1、下にずらして二つ重ねてから、重ねる部分の小さい菱形を白抜きにして中心部に「一」の字を配し、「今」の字を図案化したもの[68][69] 1950年10月1日[70][69] 今市町章として制定され、市制施行後に継承された
上都賀郡 足尾町 (著作権存続) 「アシ」を図案化したもの[71] 1967年10月19日[70]
塩谷郡 栗山村 Kuriyama Tochigi chapter.JPG 「クリ」を表し、山を併用したもの[72] 1959年4月1日[70]
藤原町 (著作権存続) 「フジハラ」を円形に図案化したもの[73] 1974年6月15日[70]
河内郡 上河内町 Kamikawachi Tochigi chapter.JPG 全体は矢印にし、「河内」を図案化したもの[2] 1969年10月15日[2] 2007年3月31日 上河内村章として制定され、町制施行後に継承された
河内町 Kawachi Tochigi chapter.JPG 羽黒山鬼怒川の流れを図案化したもの[39] 1967年4月4日[39]
芳賀郡 二宮町 Ninomiya Tochigi chapter.JPG 「二宮」を図案化したもの[31][74] 1973年6月20日[31][74] 2009年3月23日
栃木市 栃木県栃木市市章.svg 二本の千木・鰹木で十字、千木を配して「十千木」の意味を表したもの[39] 1937年7月14日[39] 2010年3月29日 初代の市章である
下都賀郡 大平町 Ohira Tochigi chapter.JPG アジサイの花弁を図案化し、「」は調和を意味したものであり、中央は未来を表したもの[75][2] 1991年5月18日[2] 2代目の町章である
色はコバルトブルー色とスカイブルー色が指定されている[76]
藤岡町 (著作権存続) 「F」を躍進するように図案化したもの[31] 1965年[31]
都賀町 Tsuga Tochigi chapter.JPG 「ツガ」を図案化したもの[39] 1971年10月1日[39]
上都賀郡 西方町 Nishikata Tochigi chapter.JPG 「にし」を図案化したもの[31] 1971年11月3日[31] 2011年10月1日 西方村章として制定され、町制施行後に継承された
下都賀郡 岩舟町 Iwafune Tochigi chapter.JPG 「いわ舟」を図案化したもの[77][2] 1966年12月1日[77][2] 2014年4月5日[2]

関連項目[edit]

参考文献[edit]

書籍[edit]

  • 小学館辞典編集部 , ed. () 図典 日本の市町村章 (初版第1刷 ed.), 小学館 ISBN: 4095263113.
  • 近藤春夫 () 都市の紋章 : 一名・自治体の徽章, 行水社 Template:近代デジタルライブラリー
  • 中川幸也 () シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」, 中川ケミカル
  • 丹羽基二 () 日本の市章 (東日本), 保育社
  • 望月政治 () 都章道章府章県章市章のすべて, 日本出版貿易株式会社
  • NHK情報ネットワーク () NHKふるさとデータブック3 [関東], 日本放送協会

自治体書籍[edit]

  • 大平町役場企画課編 () 大平町勢要覧1981, 栃木県下都賀郡大平町

脚注[edit]

  1. a b 市章・市の花・市の木. 宇都宮市. Retrieved on December 20, 2011.
  2. a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 図典 日本の市町村章 p62
  3. a b c 市章. 足利市 (2010年12月13日). Retrieved on December 20, 2011.
  4. a b 栃木市章. 栃木市 (2010年10月2日). Retrieved on December 20, 2011.
  5. 栃木市章デザインマニュアル
  6. a b 佐野市ホームページ 佐野市の紹介 - シンボル
  7. a b c d e f g h i 図典 日本の市町村章 p69
  8. 佐野市章の制定
  9. NHKふるさとデータブック p214
  10. a b 鹿沼市徽章条例. 鹿沼市 (1948年10月1日). Retrieved on December 20, 2011.
  11. a b c d 図典 日本の市町村章 p68
  12. a b c 日光市章
  13. 新日光市の市章が決定しました!
  14. a b c d e f 図典 日本の市町村章 p70
  15. a b 真岡市の概要. 真岡市. Retrieved on December 20, 2011.
  16. NHKふるさとデータブック p237
  17. 大田原市徽章
  18. a b 矢板市市章
  19. 第2次 21世紀矢板市総合計画
  20. 市章|那須塩原市
  21. a b 那須塩原市章
  22. a b c さくら市章の制定
  23. 市章について さくら市ホームページ
  24. 市章 - 那須烏山市
  25. a b c 那須烏山市について
  26. a b 下野市章の制定
  27. 下野市 - 市章
  28. a b 上三川町ホームページ 町のプロフィール/紹介
  29. a b 上三川町章
  30. a b 益子町章の制定
  31. a b c d e f g h i j k l m n o p 図典 日本の市町村章 p64
  32. 茂木町章の制定
  33. 市貝町章
  34. a b 芳賀町章の制定について. 芳賀町 (1956年12月27日). Retrieved on December 20, 2011.
  35. 壬生町章の制定
  36. 野木町のシンボル
  37. ‐栃木県塩谷町‐ 塩谷町の紹介
  38. 塩谷町章の制定
  39. a b c d e f g h i j k l 図典 日本の市町村章 p63
  40. TAKANEZA TOWN OFFICIAL WED SITE 町のシンボル
  41. 那須町章の制定
  42. a b 那珂川町章の制定
  43. a b 大平町勢要覧 1981 p48
  44. 大平町の歴史
  45. NHKふるさとデータブック3 p233
  46. a b 都章道章府章県章市章のすべて p127
  47. a b c 黒磯市・西那須野町・塩原町合併協議会 慣行の取り扱い
  48. NHKふるさとデータブック3 p303
  49. NHKふるさとデータブック3 p306
  50. a b c d e f 佐野市・田沼町・葛生町合併協議会 慣行の取扱い
  51. NHKふるさとデータブック3 p309
  52. NHKふるさとデータブック3 p311
  53. 葛生町公式ホームページ 町の概要
  54. a b c 氏家町・喜連川町合併協議会の調整内容 慣行の取扱い
  55. NHKふるさとデータブック3 p284
  56. NHKふるさとデータブック3 p297
  57. a b 大田原市のあらま史 -大田原市-
  58. NHKふるさとデータブック3 p299
  59. 黒羽町ホームページ - 黒羽雑学
  60. a b c 南那須町・烏山町合併協議会 慣行の取扱い
  61. a b c d 馬頭町・小川町合併協議会の調整方針 慣行の取り扱い
  62. a b 鹿沼市・粟野町合併協議会 慣行の取扱い
  63. a b c d e f 南河内町・石橋町・国分寺町合併協議会の調整内容 慣行の取扱い
  64. NHKふるさとデータブック3 p261
  65. NHKふるさとデータブック3 p263
  66. NHKふるさとデータブック3 p216
  67. a b c 旧・日光市徽章
  68. NHKふるさとデータブック3 p219
  69. a b 今市市章
  70. a b c d 日光地区合併協議会の調整内容 慣行の取り扱い
  71. NHKふるさとデータブック3 p247
  72. NHKふるさとデータブック3 p274
  73. NHKふるさとデータブック3 p277
  74. a b 真岡市・二宮町合併協議会 慣行の取扱い
  75. NHKふるさとデータブック3 p267
  76. 大平町章
  77. a b 岩舟町章の制定