Category:Iron pillar

出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)
Jump to navigation Jump to search
English: The iron pillar of Delhi is one of the world's foremost metallurgical curiosities, standing in the famous Qutb complex. The pillar—almost seven meters high and weighing more than six tons—was erected by Chandragupta II Vikramaditya. It is the only piece of the Hindu temple remaining, which stood there before being destroyed by Qutb-ud-din Aybak to build the Qutub Minar and Quwwat-ul-Islam Mosque. Architecturally it is a column, which really is any pillar with a circular base
Monumentenschildje blauw wit.svg
This is a category about ASI monument number
N-DL-161.
デリーの鉄柱 
Delhi Iron pillar.JPG
victory column
Wikipedia-logo-v2.svg ウィキペディア
分類victory column,
遺跡
以下の一部分クトゥブ・ミナールと周辺遺跡群
材料
場所メヘラウリー, インド
文化遺産保護
典拠管理
ウィキデータ

28° 31′ 28.92″ N, 77° 11′ 06.36″ E

Blue pencil.svg

下位カテゴリ

このカテゴリに属するサブカテゴリは次の1つのみです。

Q

カテゴリ「Iron pillar」にあるメディア

このカテゴリに属する 113 個のファイルのうち、 113 個を表示しています。