Category:Rōkyoku

出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)
ナビゲーションに移動 検索に移動
浪曲 
日本の演芸
メディアをアップロード
Wikipedia-logo-v2.svg  ウィキペディア
典拠管理
Blue pencil.svg
Rōkyoku (es); 浪曲 (ja); Rōkyoku (fr); 浪曲 (zh-hant); 나니와부시 (ko); Rōkyoku (en); 浪曲 (zh); 浪曲 (zh-hans); 浪曲 (zh-hk) genre of traditional Japanese narrative singing (en); 日本の演芸 (ja) Naniwa-bushi (en); 浪曲師, 浪花節 (ja); 浪花曲, 難波曲 (zh); 로쿄쿠 (ko)
English: Rōkyoku (also called naniwa-bushi) is a genre of traditional Japanese narrative singing. Generally accompanied by a shamisen, rōkyoku became very popular in Japan during the first half of the 20th century.
In modern Japanese slang, "naniwabushi" is sometimes used to mean "a sob story", since the songs were often about sad subjects.
日本語: 浪曲は、明治時代初期から始まった演芸である。「浪花節」(なにわぶし)とも言う。三味線を伴奏に用いて話を語り、歌う。各演題ごとに歌う部分(節)と語り演じる部分(啖呵)を両方持つ。明治時代後期から昭和中期にかけて日本全国で庶民的な人気を博し、大衆文化として、日本の近代文化史・メディア史に欠くことができないものとなった。(ウィキペディア日本語版より)

下位カテゴリ

このカテゴリに属する 4 個のサブカテゴリのうち、 4 個を表示しています。

M

R

S

T

カテゴリ「Rōkyoku」にあるメディア

このカテゴリに属する 5 個のファイルのうち、 5 個を表示しています。