Category:Rakugo

出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)
Jump to navigation Jump to search
English: Rakugo (落語?, literally "fallen words") is a Japanese verbal entertainment. The lone storyteller (落語家 rakugoka?) sits on the stage, called the Kōza (高座?). Using only a paper fan (扇子, "sensu") and a small cloth (手拭, "tenugui") as props, and without standing up from the seiza sitting position, the rakugo artist depicts a long and complicated comical story. The story always involves the dialogue of two or more characters, the difference between the characters depicted only through change in pitch, tone, and a slight turn of the head.
日本語: 落語(らくご)は、近世期の 日本において成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸の一種である。「落し話(おとしばなし)」、略して「はなし」とも言う。都市に人口が集積することによって芸能として成立した。成立当時はさまざまな人が演じたが、現在は通常、それを職業とする人が演じる。衣装道具音曲に頼ることは比較的少なく、身振りと語りのみで物語を進めてゆく独特の演芸であり、高度な技芸を要する伝統芸能でもある。
落語 
traditional form of Japanese verbal entertainment
Wikipedia-logo-v2.svg ウィキペディア
分類narrative
典拠管理
ウィキデータ
Blue pencil.svg

下位カテゴリ

このカテゴリに属する 7 個のサブカテゴリのうち、 7 個を表示しています。

 

  • Rakugoka(12カテゴリ、78ファイル)

A

C

O

S

Y

  • Yose(6ファイル)

カテゴリ「Rakugo」にあるメディア

このカテゴリに属する 27 個のファイルのうち、 27 個を表示しています。