Category:Sagara Chian

出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)
ナビゲーションに移動 検索に移動
English: Sagara Chian (相良 知安, also read as Sagara Tomoyasu, April 1, 1836 – June 10, 1906) was a Japanese physician and government official during the Meiji era, and a retainer of the Nabeshima clan.
日本語: 相良 知安(さがら ちあん/さがら ともやす、天保7年2月16日(1836年4月1日) – 明治39年(1906年)6月10日)は明治時代の日本の医師、官僚。旧佐賀藩士。別名相良 弘庵


相良知安 
Brought German medicine to Meiji-Japan
Sagara Chian-in-Nagasaki-1860s.jpg
Sagara Tomoyasu kinen-hi 20070119 0011.jpg
メディアをアップロード
Wikipedia-logo-v2.svg  ウィキペディア
母語表記相良知安
生年月日1836年4月1日
死亡年月日1906年11月10日
東京
国籍
職業
典拠管理
Blue pencil.svg
Sagara Tomoyasu (es); 相良知安 (ja); Sagara Chian (de); Sagara Tomoyasu (nl); Sagara Tomoyasu (en); Sagara Tomoyasu (pl); 相良知安, (zh); Sagara Tomoyasu (ast) Brought German medicine to Meiji-Japan (en); japanischer Arzt und Bürokrat, der zu Beginn der Meiji-Zeit das Medizinalwesen Japans nach deutschem Vorbild reformierte (de); Japans arts (1836-1906) (nl); Brought German medicine to Meiji-Japan (en); طبيب ياباني (ar); dokter asal Jepang (id); médicu xaponés (1836–1906) (ast) Chian Sagara, Sagara Tomoyasu (de)

下位カテゴリ

このカテゴリに属するサブカテゴリは次の1つのみです。

*

カテゴリ「Sagara Chian」にあるメディア

このカテゴリに属する 3 個のファイルのうち、 3 個を表示しています。