Commons:よくある質問

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to: navigation, search

Shortcut: COM:FAQ/ja

Wikimedia Commons FAQ in other languages:

Alemannisch | català | dansk | Deutsch | English | Esperanto | español | français | galego | עברית | magyar | interlingua | italiano | 日本語 | ភាសាខ្មែរ | 한국어 | Lëtzebuergesch | Nederlands | norsk nynorsk | norsk bokmål | polski | português | română | русский | slovenščina | suomi | svenska | 中文(简体)‎ | 中文(繁體)‎ | +/−

このページには、ウィキメディア・コモンズでよくある質問が集められています。それぞれの質問に対し、簡単な回答に加え、回答の背景となっているページへのリンクを紹介しています。

プロジェクトについて[edit]

このサイトは何ですか?
"Wikimedia Commons"(略称「コモンズ」)はメディア系ファイルの集積場で、対価を支払われる専門家ではなく、ボランティアによって、製作運営されています。母体プロジェクトである Wikimedia が運営する ウィキメディア・プロジェクト の1つであり、他の姉妹ウィキメディア・プロジェクトに「共通する (common) プロジェクト」という意味で、"Wikimedia Commons" と命名されました。つまり、ここは、自由に利用可能なライセンスを持ち、ウィキメディア・プロジェクトにとって有用な写真、図表、アニメ、音楽、音声、ビデオクリップなど、あらゆる種類のメディア・ファイルを集め、保管しておくためのサイトです。
このプロジェクトの目的は?
Commons:プロジェクト基準をご覧ください。
私もこのサイトに素材ファイルを置くことができますか?
はい、もちろんです! 実際のところ、そのようにアップロードに貢献してくれる皆様を心より歓迎いたします。プロジェクトに参加するためには、まずファースト・ステップから読むと良いでしょう。
アップロードできるファイルの種類は?
自由に利用可能なライセンスで、ウィキメディア・プロジェクトに有用なメディア系のファイルなら、何でも構いません。ライセンスは商用利用や改変を認めるものでなければなりません。ライセンスの条件として何が求められるかについては、次節「#著作権について」をご覧ください。
あるコンセプトの解説用として作られた Java や Flash をアップロードしてもよいですか?
原則として不可です。Commons:プロジェクト基準Commons:ファイル形式をご覧ください……コモンズはソフトウェアの保管場所を主眼においたものではなく、皆が利用できるメディアの保管場所を目指しています。Java や Flash を共有するのであれば、SourceForge など、もっと適したプロジェクトが他にあります(Flash をソフトウェアとするかメディアとするかは微妙な所ですが、Java は明らかにソフトウェアです)。
私が書いた文章をアップロードしてもよいですか?
コモンズはマルチメディア(画像、ビデオ、音声)のためのサイトであり、文章を掲載する目的にはありません。その文章を GFDL の元で発表する意思があるのであれば、様式や内容によりますが、ウィキペディアウィキソースウィキブックスといった姉妹プロジェクトを利用するほうが発表の場として適切であると思われます。
「ギャラリー」(通常名前空間)とは何ですか? どうデザインするものなのですか?
ギャラリーは、メディアをディスプレイするもう一つの方法として、カテゴリーを補完するものです。ギャラリーを使えば、ファイルの注釈をキャプションに入れることができ、通常のカテゴリー表示よりも、好ましいサイズで表示させることもでき、表組みによって体系的に表示させることもできます。典型的なギャラリーは、まず、トピックの簡単な紹介が多言語で書かれています(これは Commons Sum-it-up を使用して自動生成できます)。典型例として、<gallery> タグを使用した節が、紹介文の後に続きます(メタにおけるガイダンスをご覧ください)。
アップロードしたメディア・ファイルが孤立したままでは誰からも利用されませんので、そのファイルに内部リンクを設定したり、(同様に Sum-it-up で生成されます)、最低でも1つの適切なカテゴリーに所属させてください。また、ギャラリー・ページも、適切なカテゴリーを探して、少なくとも1つ以上のカテゴリーに属するように設定しなければなりません
新しいギャラリー・ページを作る際に有効な方法の1つは、コモンズにある既存のページから似たようなジャンルのページを探して、それを改変することです。生物(植物や動物)のページは、地域(都市や国)のページとは異なっていてしかるべきです。

著作権について[edit]

アップロードするファイルには、どのようなライセンスを適用するべきですか?
まず、アップロードするファイルがパブリックドメインのものであるか、あるいはGNU Free Documentation License や CC-BY/BY-SA などの利用が自由に利用できるライセンスの元で発表されたものであるかを確認してください(詳しくは Commons:ライセンシングCommons:コピーライト・タグをご覧ください)。根拠のないライセンスを付与するのは避けてください。インターネット上にある、ほぼ全てのものは著作権が保護されています。明確な根拠がない限り、自由に使えるだろうという勝手な判断でファイルをアップロードしてはいけません。自分自身の創作物・自己作品については、{{PD-self}} でパブリックドメインにしたり、{{self|license name}}, {{self2|license 1|license 2}} などの形で各種ライセンスを付与することもできます。あるいは、特別ページ:アップロードのドロップダウン・メニューから「あなた自身の創作物の場合は・・・」以下のライセンスを選択するのも良いでしょう。
他の人の製作した画像に、私が修正を加えたものや、原本からスキャンした画像をアップロードしてもよいのですか?
その作品を、どのようなライセンスの元で発表するのかを決定する権利は、著作者、あるいは著作者にライセンスの付与を一任された人物にのみ認められます。スキャンしたり、修正を加えたりといった作業で、自動的に著作権を得ることはできません。つまり、インターネットから拾ってきたファイルを、{{GFDL}} ライセンスの元にアップロードすることは基本的にできません。
なぜコモンズはフェアユースの素材を受け入れないのですか?
ウィキメディア・コモンズ設立の原則の一つは『自由に使用できるものに限る』です。この原則は、ウィキペディアの NPOV と同じように不変のものです。また、フェアユースは論説の文脈上の必要に限り使用できるものであり――ファイルの保管の目的にはそもそも適用できません。その上、著作権法は国によって異なります。すなわち、フェアユースが認められる国でも国によってその解釈は様々ですし、フェアユースを全く認めない法域も多く存在します。その結果、フェアユースの素材は、アメリカ合衆国以外では、ほとんど使用されていません。コモンズにある素材をいかなる国でも使用できる素材とするために、コモンズではフェアユースの素材を受け入れない方針になっています。
このサイトにある素材はウィキメディア以外の所で使えますか?
はい、使えます。しかしながら、それが、どのようなライセンスの元で使用できるのかを確認するために、ファイルの説明ページ(画像ファイルなら、その画像をクリックすると表示されるページ)をチェックする必要があるでしょう。多くの場合、説明ページから作者とライセンス情報をコピーし、素材本体と一緒に配布すれば大丈夫でしょう。詳しくは Commons:ライセンシングをご覧ください。
要約欄(ファイルの解説ページ)には、どのような情報を載せておけばいいのですか?
ファースト・ステップの説明をご覧ください。Template:Information を使って説明ページを充溢させることを推奨します。

技術的なことについて[edit]

アップロードする画像の解像度は?
可能な限り、高い画質が歓迎されます。サーバーの容量については気にする必要はありません。また、ウィキペディアの記事から呼び出したときの読み込み速度についても、ソフトウェア側で記事に最適なサイズのサムネイルを自動生成、キャッシュしますので、特に心配する必要はありません。
しかしながら、画像のサイズがあまりにも大きく、レンダリング処理に過大な時間とメモリが必要となった場合、画像の縮小に失敗してしまうこともあります(この場合、ブラウザ上にはサムネイル版もフルサイズ版も表示されず、しばしばロックされた状態になります)。PNG 形式の画像については、12メガピクセルを上限とするのが効果的です。サイズの大きな JPEG 画像が問題となるのは、ベースラインモードを使用したプログレッシブ形式で保存された場合に限られます。
フルサイズの原版がソフトウェアに処理できないほど大きすぎる場合、サイズを(6 メガピクセル程度)に落としたバージョンで上書きしてください。以前の版も、ファイルの履歴から利用できますし、画像の説明から参照することもできます。
ウィキペディアで、このサイトの素材を直接使うにはどうすればよいのでしょうか?
ウィキペディアにアップロードされたファイルを使う方法(リンクを貼る方法)と全く同じ書式でファイルへのリンクを作ってください。備考:ウィキペディアから呼び出したファイルの表示には若干時間がかかることがあります。これはその時点でキャッシュされているバージョンに起因するもので、そのファイルを使用しているウィキペディアのページを再読み込みするよりも、ファイルそのものを強制的に再読み込みさせることで改善させることができます。m:ヘルプ:画像などのアップロードされるファイル日本語版ウィキペディアでの画像の表示についての説明英語版ウィキペディアの picture tutorial も参考になるでしょう。
ウィキペディアにあるファイルを、コモンズに移行させるには?
そのファイルが自由に再利用を許可するライセンスの元にあるのなら、最大サイズのバージョンを自分のコンピュータにダウンロードし、ウィキメディア・コモンズにアップロードしてくださいCommonsHelper toolを使いましょう! その後、ファイルの解説ページの内容をコピーし、原作者の名前、ファイルの出典元URL、日付、説明が含まれているかどうかをチェックしてください。ファイルが元々あったウィキペディアの URL と、元々アップロードしたユーザーの名前を追記します。そして、ライセンス・タグや、その他のテンプレートが、コモンズにおいても正当なものであるかどうかチェックしてください。
ファイルの名前を変更するには?
Use {{rename|Image:新しいファイル名.JPG}}
ギャラリーページは、ログインユーザーなら、(使用中のスキンや言語設定によって異なりますが)ページの上部に表示される「移動」をクリックし、移動させることができます。この機能は新規アカウントでは使用できない場合があります。必要なときは他の利用者に作業を依頼してください。
ページやファイルを適切なカテゴリーに分類するには?
ファイルやページを、たとえば Foo というカテゴリーに追加したい場合には、そのページの中に [[Category:Foo]] というリンクを設置します。この“マジック”リンクにより、a) ページの下部にカテゴリーボックスが出現し、b) そのファイルが自動的にそのカテゴリーに表示されるようになります。詳細は Commons:カテゴリーをご覧ください。
画像をカテゴリーに分類する際、どうするのが一番いいですか?
カテゴリー化について、最も重要なことは、「なぜ・なに・どこ」形の質問に対する「答え」になるようなカテゴリーに分類することです。それは何ですか? それはどこですか? 適切なカテゴリー(あるいはギャラリーページ)を見つけるためには、メインページから探す、検索する、Category tree tool を使うと便利です。手がかりを見つけたら、その画像に最も適合するカテゴリーに向かってください。そのカテゴリーにあるサブカテゴリーやギャラリーページを調べ、また再び一番、適合するものを何度も検討して選んでください。これを、その画像にとって、これ以上、最適なカテゴリーはないと自信が持てるまで繰り返すことをオススメします。もしカテゴリー分類に確信が持てない時には、もっと意味の広いカテゴリーを選んでください。CommonSense を使えば、キーワードから想起されるカテゴリーを抜き出すことができます。より詳しくは、Commons:カテゴリー をご覧ください。
自分がアップロードした画像でギャラリーを作成する一番良い方法は?
自分の利用者ページのサブページとして、“ユーザー・ギャラリー”(自分のコレクション)を作ることができます(あなたのユーザー名が 「Foo」なら、「User:Foo/gallery」 があなたのユーザー・ギャラリーです)、カテゴリーとして作ることも(いわゆる Category:Pictures by Foo 的に)できます。全てのユーザー・ギャラリーは、必ずCategory:User galleries カテゴリーの下に含めてください。――このカテゴリーにある既存のユーザー・ギャラリーを実際にご覧になると理解しやすいでしょう。自分がアップロードした全ての画像ファイルを確認するには、アップロード記録や、ギャラリーの自動生成を利用することができます(wiki を commons.wikimedia.org に変え、ユーザー名を入れてください)。[訳注-1]
画像を差し替えたはずですが、画面には古い画像が表示されています(あるいは、サムネイルの表示が変です)。
「再読み込み」ボタンをクリックして、キャッシュを消去してください。その際、[Shift]キーを押しながら再読み込みしてください。新しいバージョンのサムネイルが自動的に生成されるまでには若干の時間がかかる場合もあります。
以下のような小細工を使うことで、新しいサムネイルを強制的に生成することができます:
  1. http://commons.wikimedia.org/w/thumb.php?f=''ファイル名.拡張子''&w=''サムネイルのサイズ'' にアクセスしてください (ファイル名における非ラテン文字は実体参照でエスケープする必要がありますので、URL バーに表示されるファイル名をコピーするのがよいでしょう。「サムネイルのサイズ」には再生成したいサムネイルのサイズを指定します) ……これにより、サムネイルを強制的にレンダリングさせることができます。再レンダリングしたい全てのサイズについてこの操作を繰り返してください。
  2. ファイルの解説ページを編集します。URL の "action=edit" を "action=purge" に変えます。これで、新しいサムネイルが生成されるまで強制的な再読み込みが繰り返されることになります。
サムネイルの更新について繰り返し問題が発生する場合には、通常は使用されないサイズのサムネイルを用いるのも有効な小細工の一つです。既定、あるいはユーザー指定のサイズではなく、199px とか 201px などのサイズを指定してみてください。こういったサイズは通常は用いられないため、ソフトウェアによりまったく新しいサムネイルが作成されます。こうすることによって、古い画像に基づいている既存のサムネイルではなく、最新の画像を用いることができるでしょう。
既定のサイズのサムネイルは、既定であるがゆえに、もっとも問題を抱えがちなサムネイルです。特別ページ:オプションの選択肢にある 120, 150, 180, 200, 250, 300 ピクセルのサムネイル、および、画像ページに表示されるサムネイル(もし画像が用意されたスペース以上に大きいものであれば)は要注意です。表示されているサムネイルのサイズを知るには、画像を右クリックし、「名前をつけて保存」を選んでみることです。450px-Properimagename.jpg というような名前で保存されるでしょう。ファイル名の先頭部分からサムネイルのサイズを知ることができます。
サムネイルを更新し、強制的にレンダリングしなおさせる簡便な方法が他に見つかったら、追ってお知らせします。
ファイルを探すには?
特別ページ:検索 を使うと便利です。また、関連する記事を多言語のウィキペディアで閲覧し、そこでどんな画像が使われているかを調べるのも良いでしょう。そこで使用されている画像が、既にコモンズにアップロードされているものであれば、その画像の属するカテゴリーを辿ることで、調べる範囲を特定することができるでしょう。
このプロジェクト用のソフトウェアはありますか?
Commons:ツールCommons:Tool integrationCommons:Features をご覧ください。
私は大量のファイルを保有しています。一つずつアップロードするよりもバッチ処理のようにして一括でアップロードできますか?
はい、できます。Commonist は、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)を備えている Java/BeanShell ベースのアップロードツールです。Linux と MacOs では特に問題なく動作することが報告がされています、たぶんウィンドウズでも大丈夫でしょう(もっとも、Windows の一部の環境では不具合を起こすことも報告されています)。
ファイル名の変更やファイルの移動をしたいのですが、自分で操作できますか?
ページ: はい、できます。ユーザー登録をして4日以上経過したアカウントであれば、ページ上部の「移動」タグを使ってページの移動が可能です。もっとも記事名の言語を違う言語にしたいような場合は、「ページの移動」をするよりも「リダイレクト」にすることをお勧めします。
カテゴリー:いいえ、できません。もしカテゴリーの名前が間違っているがありえるもの(スペルミス程度の間違いは除く)である場合、{{category redirect}} を貼って一種のリダイレクトにすることでカバーするべきです。ただし、リダイレクト化した場合でも、間違った名前のカテゴリーに分類されているファイルについては、手動でカテゴリーを変える必要があります。また、技術的な制約により、カテゴリーの名前は英語で表記すべきです。
ファイルをアップロードしようとしているのですが、『"." はコモンズで認められるファイル形式ではありません。Commons:ファイル形式をご覧ください』というエラーが出てしまいます。
アップロードするファイル形式がCommons:ファイル形式で認められている形式であるか確認してください(というか、前述のエラーに限って言えば、ファイルに正しく拡張子がついているか確認してください!)。
「掲載するファイル名」欄には、拡張子も含めた形で入力する必要があります。たとえば "Orange grove in summer.jpg" という名前で掲載したい場合に、"Orange grove in summer" と名前の部分だけの入力はいけません。
コモンズにある画像を使いたいのですが、私が利用している言語版のウィキペディアに同じ名前のファイルが存在するため、そちらが優先されてしまいます。どうすればコモンズの画像を使えるのでしょう?
不幸にしてこのような事態がおきてしまった場合、選択肢は2つです。ウィキペディアのファイルを削除するか、コモンズのファイルを違う名前でアップロードしなおすかです。
ファイルを新しいバージョンに差し替えるにはどうすればいいのでしょう?
まず、この操作を行うにはユーザー登録後4日以上経過したアカウントでログインする必要があります。
新しいバージョンのファイルを自分のコンピュータに保存してください。差し替える画像の解説ページを開きます。「画像の履歴」という節の下のほうに、「このファイルの新しいバージョンをアップロードする」というリンクがあるはずです。このリンクをクリックし、先ほど保存した新しいファイルを選択します。「ファイルの概要」欄に差し替えの理由を "hi-res version" とか "removed background noise" とか "fixed colour balance" というような、一行程度で十分ですので、簡単に記入してください。最後に「ファイルをアップロード」のボタンをクリックします。「既に同じファイル名が存在しています」というファイル上書き警告メッセージが表示されますが、それで正しければ、そのまま「保存」をクリックして続行してください。

プロジェクトの運営について[edit]

管理者とは何ですか?管理者になるには?
Commons:管理者をご覧下さい。
質問がありますが、どこで質問すればよいですか?
既出の質問と思われるものについては Commons:Help desk(英語)でどうぞ。前例がなさそうな質問や、コミュニティの意見を広く集めたいときには、Village pump(英語)井戸端 をご利用ください。[訳注-2]
類似のプロジェクトとの連携は?
コモンズでは、同様の目的を持つ外部プロジェクトとの共同作業に、大変高い関心を持っています。例えば、Commons:Directmedia の絵画1万点Commons: ourmedia とのコラボレーションをご覧ください。FlickrLickr は他の画像ソースとの共同作業の成果の一つです。
ページやファイルを削除するには?
Commons:削除依頼Commons:削除のガイドラインをご覧下さい。
ここで使用する言語は?
理念としては、あなたが一番使い慣れた言語で構いません。Commons:使用言語をご覧ください。ですが、技術的な理由により、カテゴリの名称は英語で表記するべきです。
各種ウィキメディア・プロジェクトで既にアップロードされている画像が、デフォルトとしてコモンズに採用されていないのはなぜですか?
もっとも重要なポイントとして、一部のウィキペディアではライセンスについてコモンズよりもゆるい方針を採用していることが挙げられます。したがって、そこでは OK とされているものが、必ずしもコモンズにおいて許容されるとは限りません。コモンズは「フェアユース」を許容しません(そもそも「無理」です)が、一部のウィキペディアでは有効です。
英語が苦手な人々にとって、コモンズでの活動は難しい所があります。コモンズは多種多様な言語での情報の供給に努めていますが、英語以外のページは不完全であったり、更新が追いついていかなかったりする傾向があります。カテゴリーの名前など、ものによっては多言語化の準備が(まだ)できていない部分もあります。
コモンズでは、コモンズ用のアカウント(ユーザー登録)が必要です。全てのプロジェクトでアカウントを共有する機能は実現が期待されるところですが、まだ利用できる段階ではありません。
画像について、「高解像度版」が利用できない場合が時々あるのですが、どうしてですか?
ひとつ考えられるのが、使用中のウイルス対策ソフトやアドウェア対策ソフト、あるいはブラウザによる画像のブロックです。一例を挙げます。Image:Map mn khuvsgul aimag.png の絶対 URL は http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ad/Map_mn_khuvsgul_aimag.png です。この URL には "ad" というサブフォルダが含まれますので、アドウェア対策プログラムによってブロックされることがあります。それ以外の原因で表示されないのでしたら、Commons:Help desk で具体的に質問してみてください。
ギャラリーの作り方を教えてください。
<gallery> タグを使って簡単に作る方法があります -- meta:ヘルプ:画像などのアップロードされるファイル#ギャラリー・タグ、カテゴリー、画像の表をご覧ください。
どのようなときにギャラリーを使い、どのようなときにカテゴリーを使うべきですか?
ファイルは常に適切なカテゴリーに所属しているべきです。もしギャラリーにだけ属している場合、ギャラリー・ページから削除されてしまった場合に、どこからも参照されない「迷子」のファイルになってしまいます。カテゴリーはファイルをざっくりと保管しておくための大きな「保存箱」として有用です。ギャラリーは、カテゴリーにあるファイルの中から厳選されたものを集めて表示するページです。また、ファイルを論理的な順番で表示させることができるのはギャラリーだけです。一例として、テニスCategory:テニスをご覧ください。ドイツの州名の発音アメリカ合衆国のように、ギャラリー・ページでは、物事を説明するための段取りを考えてファイルをレイアウトすることができます。
ただし、以上は何らかの指針が欲しいという方のためのアドバイスにすぎません。基本的に、自分にとって一番使いやすいと思われる方を使ってください。一部のトピックではファイルの整理について特別なガイドラインが用意されているものもあります。たとえば、植物や動物に関するファイルは WikiProject Tree of Life にしたがって整理されます。そういったプロジェクトに参加したいというのでなければ、「ルール」を捜し求めようと必死にならないでください -- もし問題があれば、そういったプロジェクトに参加している他のユーザーが修正してくれるでしょう。そのときにルールを学べばよいのです。
カテゴリーの構築は?
カテゴリーを拡張したいときは既存のカテゴリー・ツリーの構造をコピーしてみてください。新しいカテゴリーを作るときは最低1つの親カテゴリーを持たせるようにします。手を加えようとしている部分をカバーするカテゴリー・スキーム(構造)のルールがないか、モデルとして参考にできそうなものがないか、調べてみましょう。特に生物関係や国家関係のカテゴリーには、既存のカテゴリーツリーが先例として合意されているものと考えた上で構築すべきです。コモンズにおけるカテゴリーについては Commons:カテゴリーで情報を集めることができます。

日本のユーザーためのよくある質問[edit]

この節は、コモンズ全体というよりも、日本のユーザー間においてのみ発生する可能性のある質問を集めています。もしこの節にある質問が、コモンズのコミュニティ全体に認知されるべきだと感じた場合は、Commons:FAQ に反映させることを考えてみてください。

屋外に設置された美術品を撮影した写真をアップロードしてもよいでしょうか?
その美術品が設置されている国によって異なりますので、ここでは日本に所在するものに絞って回答します。日本語版ウィキペディアでは屋外に設置された美術品を撮影した写真のアップロードが慣例的に認められていますが、コモンズでは、その美術品が著作権の保護期間内にある場合、商用利用が認められませんので受け入れられません。Commons:Freedom of panorama もご覧ください。

訳注[edit]

  • [1] 現在は、利用者ページを表示中にページ上部に現れる「ギャラリー」タグを使えば、この機能を簡単に利用できます。
  • [2] 日本語話者のために用意された Commons:井戸端もあります。ただしコミュニティの総意を確認できる場所であるとは限らないことにご注意ください。

oad