Japanese subtitles for clip: File:Wikipedia - FactsMatter2016.webm

Jump to navigation Jump to search
1
00:00:00,001 --> 00:00:01,770
我々がいる世界は

2
00:00:01,770 --> 00:00:05,710
我々がいる世界は
脱・事実の世界ではない。

3
00:00:05,710 --> 00:00:08,150
<i>情報が速やかに拡散するということは</i>

4
00:00:08,150 --> 00:00:11,770
<i>真実が速やかに拡散する一方で
虚偽も速やかに拡散するということ</i>

5
00:00:11,770 --> 00:00:14,090
<i>そして ウィキペディアの目標は
まさにその―</i>

6
00:00:14,090 --> 00:00:16,420
<i>「あ これについて調べよう」
と思った時に</i>

7
00:00:16,420 --> 00:00:19,379
<i>真っ先に開かれる場所になりたい
ということだと思います</i>

8
00:00:19,409 --> 00:00:21,320
ウィキペディアを書くときに

9
00:00:21,320 --> 00:00:23,590
ウィキペディアを書くときに
重要なのは、事実。

10
00:00:23,590 --> 00:00:25,320
重要なのは、事実。

11
00:00:26,400 --> 00:00:28,320
ウィキペディアには

12
00:00:28,320 --> 00:00:30,320
ウィキペディアには
検証可能性という方針がある。

13
00:00:30,320 --> 00:00:32,419
検証可能性という方針がある。

14
00:00:32,419 --> 00:00:35,630
検証可能性は、数ある私見から
事実を見出すのに役立つ。

15
00:00:37,320 --> 00:00:41,520
ウィキペディアは
大衆による百科事典です

16
00:00:41,520 --> 00:00:44,990
タダで見られるし
誰でも書き込めます

17
00:00:44,990 --> 00:00:47,025
でも 書き込むときは
資料を用意しなければならないし

18
00:00:47,025 --> 00:00:48,810
出典も示さなければなりません

19
00:00:48,810 --> 00:00:51,700
そうすることで その情報は
いつでも裏を取れるようになります

20
00:00:51,700 --> 00:00:54,822
暴論や無責任な記述でない限りは

21
00:00:54,822 --> 00:00:56,280
その情報の裏が示されているので

22
00:00:56,280 --> 00:00:59,570
いつでも出典に立ち戻れます

23
00:00:59,790 --> 00:01:03,840
ウィキペディアに携わることで
単に記事を書くだけではなく

24
00:01:03,840 --> 00:01:07,607
知識生産の一連の手順を
理解することができます

25
00:01:10,170 --> 00:01:13,570
知識社会において私たちは
どう位置付けられるでしょう?

26
00:01:25,170 --> 00:01:27,960
自分の主観は脇に置くべきです

27
00:01:28,720 --> 00:01:33,170
そうすることで
ある編集で論争が発生しても

28
00:01:33,170 --> 00:01:37,340
膠着状態に陥らずに済むのです

29
00:01:37,950 --> 00:01:42,660
ボランティアはオフラインでも
オンラインでも共同制作を行い

30
00:01:44,340 --> 00:01:50,000
事実を見出し
ウィキペディアに書き込んでいく。

31
00:01:50,000 --> 00:01:52,570
<i>この催しは 世界的に有名な
ウィキペディアのウェブサイトを</i>

32
00:01:52,570 --> 00:01:54,445
<i>支える仕組みを理解するのに
役立ちます</i>

33
00:01:54,965 --> 00:01:58,000
2016年も、ウィキペディアの共同制作が

34
00:01:58,000 --> 00:02:00,000
2016年も、ウィキペディアの共同制作が
世界各地で催された。

35
00:02:00,730 --> 00:02:03,552
〈仏語〉モントリオールからボンジュール!

36
00:02:03,552 --> 00:02:05,504
〈トルコ語〉アンカラからセラーム!

37
00:02:05,504 --> 00:02:09,241
〈英語〉ペンシルベニア州ピッツバーグからハロー!

38
00:02:09,951 --> 00:02:12,830
〈カタルーニャ語〉バレンシアから編集しています!

39
00:02:12,830 --> 00:02:14,060
私はウクライナから

40
00:02:14,060 --> 00:02:14,810
ガーナ

41
00:02:14,810 --> 00:02:15,810
アルゼンチン

42
00:02:15,810 --> 00:02:16,820
ロシアのモスクワから

43
00:02:16,820 --> 00:02:17,970
エジプトから来ました

44
00:02:17,970 --> 00:02:18,680
香港

45
00:02:18,680 --> 00:02:19,180
イスラエル

46
00:02:19,180 --> 00:02:19,679
ベルリン

47
00:02:19,679 --> 00:02:20,530
南インド

48
00:02:20,530 --> 00:02:21,680
パレスチナのラマッラー

49
00:02:22,170 --> 00:02:23,990
<i>こんなにもたくさんの</i>

50
00:02:23,990 --> 00:02:27,780
<i>オープンソースのボランティアが
世界中から集まる巨大な組織だなんて</i>

51
00:02:27,780 --> 00:02:30,470
<i>知りませんでした</i>

52
00:02:30,470 --> 00:02:32,260
衝撃でしたね

53
00:02:33,110 --> 00:02:35,680
<i>他の有名サイトとは異なり</i>

54
00:02:35,680 --> 00:02:38,940
<i>我々は基本的に
コミュニティで運営しています</i>

55
00:02:38,940 --> 00:02:41,420
<i>これが重要なのです</i>

56
00:02:41,420 --> 00:02:43,950
ウィキペディアに問題があると思った時―

57
00:02:43,950 --> 00:02:46,220
むろん我々は問題を抱えてはいますが

58
00:02:46,220 --> 00:02:48,450
誰も 手を動かさずこう言ったりはしません―

59
00:02:48,450 --> 00:02:50,540
「あー そうか 運営は
広告主に恩義があるからな」

60
00:02:50,540 --> 00:02:52,390
<i>コミュニティには―</i>

61
00:02:52,390 --> 00:02:55,400
<i>非常に高度な知的独立性があります</i>

62
00:02:55,400 --> 00:02:57,470
<i>我々を籠絡して―</i>

63
00:02:57,470 --> 00:03:01,265
<i>ウィキペディアに誤った情報を
掲載させたり</i>

64
00:03:01,265 --> 00:03:04,250
<i>自分たちにとって好ましくない
真実を隠したりはできません</i>

65
00:03:04,250 --> 00:03:07,640
<i>有り体に言えば カネを
一般大衆から頂戴しているからです</i>

66
00:03:07,640 --> 00:03:10,520
<i>これは 我々が恩義を感じる対象が
一般大衆であるということです</i>

67
00:03:11,180 --> 00:03:13,790
<i>100年後の人々がこの時代―</i>

68
00:03:13,790 --> 00:03:20,920
今世紀最初の何十年間かを振り返る時

69
00:03:20,920 --> 00:03:26,070
ウィキペディアを本当に良い物の
一つだと評価するでしょう

70
00:03:26,450 --> 00:03:29,440
編集できる!

71
00:03:29,440 --> 00:03:45,437
検証可能性の詳細:
[https://ja.wikipedia.org/wiki/WP:V]