Translations:Commons:Derivative works/24/ja

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to navigation Jump to search

!!FUZZY!!この改正文言を採用するにあたって、委員会は著作権の対象となる応用芸術の作品と、著作権の対象とならない工業デザインの作品との間にできる限り明確な境界線を描こうとしている。二次元の絵画、図形またはグラフィック作品は、織物、壁紙、容器といったものに印刷されたり応用されたりした場合にも、なおそのようなものとして認識されうる。これは像や彫刻が工業製品を装飾するために使用される場合や、Mazer事件の場合のように、独立の芸術作品として存在する可能性を失うことなくある製品の中に組み入れられた場合にも同様である。一方で、ある工業製品の形状が十分美的で価値のあるものであるとしても、委員会の意図はそのようなものにこの法案に基づく著作権の保護を与えようというものではない。ある自動車、飛行機、婦人服、フードプロセッサー、テレビジョン受像機、その他の工業製品の形状の中に、物理的または概念的に、当該物品の実用的な側面から分離して認識されうる何らかの要素を含むのでなければ、その意匠はこの法案に基づいて著作権を与えられることはない。