Translations:Commons:Derivative works/64/ja

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to navigation Jump to search

!!FUZZY!!* 洞窟の壁画: 洞窟の壁は大抵平面ではなく、立体的になっています。骨董品の花瓶やその他のでこぼこした表面についても同じです。これはすなわち、そのような媒体を撮影した写真は、壁画がパブリックドメインにあろうとも、著作権の対象たりうることを意味します(この点についてのケーススタディを探しています)。古いフレスコ画やその他平面に描かれたパブリックドメインの絵画は、平面の芸術作品として複製される限りにおいて、問題ありません。

  • 公共の場所にある建物や芸術作品の写真: これらは二次的著作物ですが、作品が恒久的に設置されており(これは、それがその場にあり続けるべく置かれており、ある期間の後に撤去されることになっていないことを意味します)、かつ一部の国においてはその写真を撮る時にあなたが公共の地面にいたなら、OKということになりそうです。この例外についてあなたの国がリベラルなポリシーを有しているか否かを、Commons:Freedom of panoramaで確かめてください。また、freedom of panoramaについての詳細もそちらをご参照ください。(多くの国で、freedom of panoramaは壁画のような平面の芸術作品までは対象としていないことは要注意です。)