User:ロイヤルホース

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to: navigation, search

1977年6月23日、開店。当時は「レストランバー&ジャズラウンジ ロイヤルホース」として開店。 サブタイトルは「贅沢すぎてもリーズナブル」正に、大阪らしいアイデア。 大阪は、「食いだおれの街」というテーマから、音楽だけではなく、飲食を充実させていく、顧客満足度を追求。 2007年現在は、ニューヨークをテーマに、ニューヨーク在住の人種をモチーフとした音楽展開、 すなわちジャズ、ブルース、ラテン、ボサノバ、サルサ、ロック、その他、民族音楽をプロデュース。 レストラン指向も強く、本格的なイタリア料理、ワインは勿論、限定物のアルコール類を楽しめる店となっている。 すなわち、サブタイトルも「レストランバー&ニューヨークサウンドライブ ロイヤルホース」として営業中。

来演したミュージシャンは、国内外を問わず、超一流で、レイ・ブラウン(B)、トリオ、アート・ペッパー(Sax)カルテット、 マックス・ローチ(Ds)カルテット、エルビン・ジョーンズ(Ds)ジャズ・マシーン、オテロ・モリノー(Steel Dr)カリビアン・ジャズ・レゲエ・バンド、 ビリー・ハーパー(Sax)カルテット、エディ・ゴメス(B)トリオ、サリナ・ジョーンズ(Vo)、カーメン・マックレー(Vo)、アン・バートン(Vo)、 アーネスティン・アンダーソン(Vo)、マキシン・サリバン(Vo)、スコット・ハミルトン(Sax)、ベニー・カーター(Sax)ジャズオールスターズ等・・・。

国内では、日野皓正(Tp)バンド、綾戸智絵(Vo)、北川 潔(B)、井上陽介(B)、小野リサ(Vo)、中川昌三(Flute)、梅津和時(Sax)、 「PONTA BOX」、佐山雅弘(P)、NAOTO(Violin)、柏木広樹(Cello)、岸ミツアキ(P)、石井 彰(P)、北村英治(Cla)、松本英彦(Sax)、 阿川泰子(Vo)、マリーン(Vo)、チャリート(Vo)、本田竹広(P)、大倉源次郎(小鼓)・・・。

コンサート後にセッションを求めて訪れるミュージシャンも多く、ハービー・ハンコック(P)、ビル・エバンス(P)、フィリージョー・ジョーンズ・ジュニア(Ds)、アート・ブレイキー(Ds)、グローバー・ワシントン・ジュニア(Sax)、アル・シオーネ(Vo)、トム・ウェイツ(Vo)、・・・。

代表取締役社長は、關 基久(関 基久)、関連会社として、ロイヤル企画株式会社も運営している。

制作にも力を入れており、ジャズフェスティバル、ディナーショー、各種、イベント業も運営している。

CD制作は、「ロイヤルホース20周年記念ライブ」、竹下清志(P)トリオ「ホール」、日高典雄(Vo,Tp)「スティル・イン・マイハート」、 越智順子(Vo)ウィズ ストリングス「アイ・ウォント・ユー」、現在は、「ライブ アット」プロジェクトを進行中。