Category:Tokaido Shinkansen coexisting with local beliefs

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to navigation Jump to search
English: Symbolized as a landscape considered modern folklore (contemporary folklore).
日本語: 地域信仰と共存する東海道新幹線現代日本における社会民俗学景観生態学日本の民俗景観)の実例として、「打放ちコンクリート擁壁高架橋など無機質新幹線軌道構築物の傍らに、素朴な“生きている遺産”がある景観接続ギャップ日本的日本人の宗教観多神教自然崇拝)を表している」と学会で紹介された東海道新幹線沿線の崇敬礼拝対象物となる寺社およびなど。祀られているのは村社鎮守社屋敷神氏神から民間伝承の自然石までさまざま(Category:路傍の神仏参照。但し、新幹線開業後に架道橋近辺で発生した交通事故での死者供養のために奉納された地蔵などは除く)。『東海道新幹線工事誌』では用地買収の際に家屋立ち退き農地提供よりも交渉が難航したのが、地域心の拠り所であり、撤去による祟りを恐れた信仰の対象物だったとある。建設業者事故を恐れ験担ぎし撤去を渋っため、境内を横切ったり、遷座を最小限に留めたことで軌道脇に残されたり高架下に鎮座するようになった(熱田神宮のように新幹線側が回避したものもある)。これらは郊外農村地帯のみならず都市部でもみられ(後年都市化した事例が多く都市化してもなお残されている)、「都市の聖地として場所の精神を伝承している」と学術的に評価され、ユネスコ諮問機関で世界遺産文化遺産)の価値を査定する国際記念物遺跡会議(イコモス)も「織り成す景観が文化的空間の新しい観点を提示している」とした。なお、遷座に際しては建設費つまり公費の中から神主による祈祷鎮魂祭の費用を拠出した。カテゴリータイトルは学会で使用されたものをそのまま流用した。

Media in category "Tokaido Shinkansen coexisting with local beliefs"

The following 30 files are in this category, out of 30 total.