Template:Potd/2008-10-25 (ja)

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to: navigation, search
ナガコガネグモ (Argiope bruennichi) --長黄金蜘蛛は造網性のコガネグモ科の一種で中央ヨーロッパ、北欧、北アフリカ及びアジアの一部に分布し、雌の体長は約2cm、雄は雌の1/5程度。細長い腹部に黒と黄色の細縞がある。捕食行動は地面に垂直に直径約30cmの円網を作り、中心で4対の歩脚をXの形に広げ、地上に向けた頭の先に稲妻型のを作る特徴がある。獲物の振動に反応して噛み付き、ぐるぐると回転させて糸を巻き付ける。秋頃に約2cmの壷状の卵嚢に卵を産む。

This is the Japanese translation of the Picture of the day description page from .

ナガコガネグモ (Argiope bruennichi) --長黄金蜘蛛は造網性のコガネグモ科の一種で中央ヨーロッパ、北欧、北アフリカ及びアジアの一部に分布し、雌の体長は約2cm、雄は雌の1/5程度。細長い腹部に黒と黄色の細縞がある。捕食行動は地面に垂直に直径約30cmの円網を作り、中心で4対の歩脚をXの形に広げ、地上に向けた頭の先に稲妻型のを作る特徴がある。獲物の振動に反応して噛み付き、ぐるぐると回転させて糸を巻き付ける。秋頃に約2cmの壷状の卵嚢に卵を産む。

Descriptions in other languages: