Commons:プロジェクト基準/中立的な観点

From Wikimedia Commons, the free media repository
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of a page Commons:Project scope/Neutral point of view and the translation is 100% complete. Changes to the translation template, respectively the source language can be submitted through Commons:Project scope/Neutral point of view and have to be approved by a translation administrator.

Shortcut: COM:NPOV

Other languages:
català • ‎dansk • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎suomi • ‎français • ‎galego • ‎magyar • ‎italiano • ‎日本語 • ‎한국어 • ‎Nederlands • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎Türkçe • ‎українська • ‎中文


メディアファイル[edit]

コモンズはウィキペディアではありません。コモンズに投稿されたファイルは、ウィキペディアで課される中立的な観点独自研究は載せないに従う必要はありません。コモンズは全てのウィキメディア事業のための共用メディアファイルの資料館であり、各プロジェクトごとのものとは異なる規則に則ります。

他の事業で使われているファイルの版を他の事業で使うことに関して強要したり、そのことに関する論争を裁定するのは、コモンズの役割ではありません。コモンズの対象に含まれるファイルが提供された場合、その所蔵が合法的である限り、容認されます。それをどのように使うかは、個々の団体やプロジェクトが決めることです。

旗や紋章、地図といった国家的、政治的、宗教的重要性を持つ画像は、論争の的となりますが、コモンズは公式版を決定する場ではありません。所蔵されている旗などのファイルが「間違っている」と強く感じたら、(コモンズではなく)各自のウィキで、正しいと思われる版を使うよう、そこの参加者に呼びかけてください。コモンズで主張するのは不適切な例を挙げると、

  • 地図: 「この地図の作成者は、間違った位置に国境線を引くことによって国家的・政治的・宗教的な観点を押しつけようとしています」、「承認されていない名前や間違った言語で町の名前が書かれています」、「この地図には法的に承認されていない国家が表記されています」。
  • 旗・紋章: 「これは公式版ではありません」、「この色は非公式です」、「その意匠はテロリスト集団が使っているものです」。
  • 写真: 「これはプロパガンダです

このような不適切な主張においては大抵、次のような言葉が用いられます。「そんな旗は存在しない」、「国境線が間違っている」、「そんな国家は存在しない」。

当然ながら、作成者が事実に関する間違いをしていることが論争の余地のなく明らかであれば、その画像は(まだ使用されていなければ)教育的実用性の観点から、削除されることがあります。コモンズ以外のウィキメディアプロジェクトで善意で使用されているファイルは、まさにその事実をもって、教育的実用性があり、ある種の「間違い」であることに依拠する削除が必要とはされません。可能なときはいつでも、そのような間違いを「訂正」するほうが、コモンズのコレクションから削除してしまうよりも好ましいです。顕著な論争を巻き起こしている場合、その画像は存続され、論争は各ウィキの参加者で解決するべきものとして存続とされます。

文章[edit]

前記の理由により、ファイル名および関係する文章を常に「中立的」なものにすることはできません。ただし、可能な場合は中立的な記述を行うべきです。ファイル名や文章を、荒らしや攻撃、故意による挑発ととれる語句で綴ってはなりません。

関連項目